最近の松本

【松本 脚本・演出 舞台】

劇団6番シード2019年春公演 第68回公演 情報解禁第1弾!
「未来切符〜ミライとカコの6つの物語〜」

日時・劇場
東京公演…下北沢GEKI地下リバティ
2019年5月1日(水、祝)~6日(月、祝)
滋賀公演…滋賀里劇場
5月10日(金)~12日(日)

http://blog.livedoor.jp/infomation6c/archives/53008675.html

情報解禁第二弾は3月上旬を予定しています。お楽しみに!

脚本を語るトーク&セミナー開催します

ずっとやりたいなと思っていた脚本にまつわるトークセミナーを開催します。ワークショップだと敷居が高いかなと思ってトーク&セミナーにしたのですが、セミナーもまあまあ敷居が高いみたい。とにかく気軽にご参加出来る内容にしたいと思っています。以下詳細です。

「松本陽一が脚本のすべてを語り尽くすトーク&セミナー2019」

劇作家・脚本家の松本陽一による脚本セミナー開催!面白い物語の作り方、脚本の構造、題材の探し方、伏線回収のこつ、などなど、普段はなかなか聞けない作家のテクニックや裏側などを完全公開!専門的になりすぎないようトーク形式を中心に物語製作の極意に迫ります。ものつくりに興味のある方、演劇や映画をより深く楽しみたい方、そして俳優やクリエイターの方まで幅広く楽しく学べる内容です。

○日時
3月10日(日)
1. 第一部 13時半〜15時半
「脚本の書き方、物語の作り方」
実際に上演した松本脚本を題材に、脚本の書き方を中心にしたセミナーです。(座学)
・観客のワクワク曲線とは
・三層で物語を考える「世界観」「キャラクター」「状況(台詞)」
・伏線を張るには?回収の仕方とは?
・みんな大好き群像劇に潜む罠
・俳優を悩ませる読解力と表現力の違い
など

1. 第二部 16時半〜18時半
「作家赤裸々トークショー」 ゲスト…細川博司(劇作家・バンタムクラスステージ主宰)
細川博司さんをゲストに迎え、物語作りの苦悩やノウハウをトークショー形式で行います。
・作家によって変わっていく物語の個性
・台詞へのこだわり、それぞれの癖
・物語を立ち上げる順序
・活字に込める想い
など

第二部終了後に松本陽一を囲んで親睦会を開催いたします(参加自由)。物語について脚本について、セミナーでは聞けなかったことなどを熱く語り合いましょう!

○場所
 コミュニティプラザ一之江(いちのえ)・第四集会室
 江戸川区一之江7丁目35―22 一富ビルディング4階
 (都営新宿線一之江駅、環七口出てすぐ)

○参加費
通し参加(1部、2部)…4000円
各部どちらか…2500円
各部25名まで。定員になり次第締め切らせて頂きます。
※親睦会へのご参加は当日集約、実費となります。親睦会のみのご参加は出来ません。

○お申し込み
2月8日22時よりスタート
下記予約フォームよりお申し込みください。
https://www.quartet-online.net/ticket/tomtalk

ものつくりに興味のある方、俳優さん、クリエイターさん、演劇や映画を深く楽しみたい方などなど、ご参加お待ちしております!

今年一年のラインナップで新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。今香港に来ています。

と書いて海外で更新しようと思ったのですが、海外から編集アクセスできずもう10日ですねあけましておめでとうございました。

毎年今年一年の私ラインナップで新年のご挨拶。今年もどうぞよろしくね。

5月
劇団6番シード
「未来切符〜ミライとカコの3つの物語〜」
東京公演
5月1日〜6日 下北沢geki地下リバティ
滋賀公演
5月10日〜12日 滋賀里劇場

ホーム6番シードの次回公演です。劇団員それぞれを主人公にした6つの短編を上演します。今のところ《ミライ編》《カコ編》3篇ずつとなる予定。火の鳥みたい笑。タイトルから連想するように「時間」というのが今年の松本の脚本気になるテーマかもしれない。劇団員にどんな作品をやらせるか妄想中。今から楽しみです。
そして滋賀公演にもチャレンジ!滋賀に新しくできた劇場らしいです。BBQ場が併設されているという情報もありますが真偽は不明笑。コツコツと47都道府県チャレンジを始めました。
詳しくは6番シードホームページをご覧ください。
www.6banceed.com

8月
UDA☆MAP
「紙風☆スクレイパー」
8月後半 池袋シアターKASSAI

宇田川美樹プロデュースの毎年夏の風物詩。今年も脚本と演出を担当します。今年はどうやら「殺陣」をやるらしい?時代設定は?スクレイパーってヘラって意味だぜ?などなどこれから宇田川Pとガシガシ膨らませていきます。毎年全力おバカで稀有なガールズ演劇をお楽しみに。

11月
劇団6番シード
「なまくら刀と瓦版屋の娘」
11月7日〜10日
中野テアトルBONBON

6C秋公演ですね。時代劇コメディです。春公演もそうなのですが、劇シナのFCイベントで作品アイデアなどを募ったのですが、その中で「あ、面白そう!」とピーんときたアイデアから発想しました。これはね、ピーんときてんるんでね、面白くなりそうですよ。この公演も東京以外で追加公演できないかなあと考えています。

あとは10月に外部舞台演出予定。秋は毎年ハードスケジュールになる傾向?

あと映画「Dプロジェクト」がいよいよ1本の長編映画として完成します。正確には、完成しました。たぶん。わー!やんややんや。新タイトルも近々発表になるかな。いやあ足かけ何年かもう分からなくなったこの企画、まずは夕張国際ファンタスティック映画祭にエントリーしました。その結果などなどでDプロスケジュールは変わってくるので、まずは夕張の結果をお待ちください。もしノミネートされたら3月頭に夕張にて最初の上映となります。行きたいなあ夕張。という訳で続報をお待ちください。

昨年忙しかったので今年はゆっくりしようと思っていたら、偶然なのか必然なのか、お仕事の依頼も全然なくてですね笑。3月くらいまでは映画脚本や小説書いたりやりたいことをやろうと思います^_^

その後は絶賛お仕事募集中です。休み過ぎて生活がピンチになりそう笑。6月7月あたりが狙い目ですよ!ご依頼お待ちしてまーす。

ずっとやりたいと思っていた脚本ワークショップも久々にやろうかな。

2019年、皆々様、今年もよろしくご贔屓に。