今年一年振り返り①まなつの銀河に雪のふるほし

毎年恒例に今年一年を振り返るブログを書いています。毎年夏休みの宿題みたいに大晦日年明けギリギリまでかかってしまっているのに、このワードプレス(ブログの仕様)に引っ越して初、しかも昨日まで台本書いてたからスタートが例年より遅い。がんばっていこー。

1月「真・まなつの銀河に雪のふるほし」

これも毎年恒例の感想を言いますよ。これ今年か〜!え〜遠い銀河の彼方だね。あ、狙った訳じゃないんですが主人公の名前は奏(かなた)。
その奏を演じた山本亜依さんのフレッシュな演技が記憶に残ってるなあ。そしてすぐ泣く笑。ゲネプロ終えたカーテンコールの挨拶で泣いてておいおいって思ってたらほぼ全ステージ挨拶で涙ぐんでたなあ確か。泣き虫座長奮闘記みたいなサブタイがつくよ(笑)

作品は5年前に初演した作品を大幅に改編しての再演。元々好きな物語で再演するなら演出したいなあと思ってたのですが、この改編はとてもやりやすく演出させてもらった印象。
自分的お気に入りのシーンは、物語中盤で生徒達が奏にすべてを話すシーンの演出。脚本上は難解な台詞や、説明的な台詞が並ぶシーンに、そのシーンに出てないキャラを使って絵を足したのでした。あそこはかいしんのいちげきかな(笑)

キャストさんでは、習志野役の岩田陽葵さん、初演と同じ光役をやたった斉藤雅子さんなどが印象に残っている。

写真のアクトダンスはエリザベス・マリーさん。

この作品が好きなのはなんだろうなあ。壮大なSF設定なのかな。普段私はSFなんて書かないし演出しないから楽しい、は確実にあると思う。

あと雪かな。雪というか降らしものは好きなんだよなー。みんなも好きだよね。

最近の松本

【脚本演出舞台】

アリスインプロジェクト新春公演

「ゼロヨンヨンの終電車 2018」

2018年1月10日(水)〜14日(日)
新宿村LIVE

http://aliceinproject.com

ベトナムに行ってきた

いやーすごい経験でした。やっぱ旅はいいし、見聞を広めるのはいいね。

映画「Dプロジェクト」の撮影でベトナムに行ってきました!
1泊3日の弾丸ツアー。楽しかった!簡単に振り返りますね。

ホーチミンに到着して空港を出て驚愕。なんか街の、人のエネルギーがすごい。
濃い?
熱い?
なんかちょっとずつ違うんだよなー。
「生きてる」がぐいっとくる感じ。そんでなんか楽しそうなんだよなー。
とにかくギラギラしてた。瞬間に思った。このエネルギーは今の日本にはない。ちょっとはっとした。昔の高度成長期とかはこんな感じだったのかな。

で、翌朝ですよ。さんざんツイートしましたがね、

バイクがね、それはもう。

ホント凄まじい。よく事故起こさないなレベルで行き交う。信号ない交差点も多いし、そもそも信号の役割が雑(笑)
それが不思議と不思議な秩序になってる。ひょっとしたら日本より事故件数は少ないかもしれん。

横断歩道の前で立ち止まり「あ、勇気出して渡んなきゃいけないんだ」って何回か思った(笑)
こつは立ち止まらないことと、ゆっくり進むこと、らしい。
そうすると相手がよけてくれる。服をかすめるレベルの近さでなっ!

こちらマーケットの様子。
なんだろか、ここでも「生きる」がオブラートなしに飾られてる感じ。日本だと築地とか?
ここで撮影しましたよ!「ゲリラ撮影ですか?」って監督に聞いたら、「許可撮ろうとしたら、邪魔にならないように勝手にやれって言われた」だって(笑)とにかくベトナムの方は寛容でしたよ。朝撮影予定の屋上のオーナーがいなくて(この辺りの時間や約束感覚も寛容笑)急遽探してマンションの2階に暮らす方の家にお邪魔して撮影したりしました。電波少年的なメイキングが撮れてます笑。でもね、そこの家主さんお茶出してくれたんですよ。オバマさんがベトナム来た時も撮影場所として貸したんだって。とにかくベトナムの方は寛容で明るい人達ばかりでした。

こちらも撮影にご自宅を貸して頂いたご一家。
素敵な方々でした。おばあさまに土屋が梅干しのお菓子をプレゼントしてたな。
とにかくロケ地がすべて海外ドラマの「ホームランド」だったよ。メイキングも何撮っても面白くて撮れ高ありすぎ。

暑い国だからかみんな家やビルの軒先に出てるんだよね。道はバイクでいっぱい。軒先きに人がいっぱい。
なんか分からないけど懐かしい感じがした。他の人も言ってた。昔の日本の夏の夕暮れみたいな。

ホーチミンには市内電車がないから主な交通手段がバイク。そう考えたら異常なまでのバイクの数も、山手線を朝利用する人が皆バイクに乗ったらこんなもんじゃないよね。日本に来た外国人が「通勤ラッシュは異常」と思うのと同じか。文化生活の違いなだけなんだよなーと感心しました。

にしてもすごいよ。

現地エキストラの方々。Dプロジェクトがこんな形で世界の方々の協力を得て出来上がっていくなんて、始めたころは露にも思わなかったよ。述べ15人くらいの方々、アリスインプロジェクトの鈴木さん、通訳で現地アイドルのフーちゃんの協力でベトナムロケが実現しました。フーちゃんの写真がなぜかアップできないワードプレスの馬鹿!

1泊3日だったせいか、日本に帰ってきて、まるでひとときの夢のような感覚です。また行きたいなベトナム。

そしてDプロジェクトの残り撮影は3日。オールアップが見えてきた。

この弾丸ツアーの様子は、本編メイキングとは別に皆さまにお見せしていきます(^ ^)藤堂の旅ロケ撮れ高すごかった(笑)お楽しみに!