ケータリング長、略してケ長

最近「ケ長」ってなんですか?とよく聞かれるので書いておきますね。

ケータリング長、略してケ長(笑)です。

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」も折り返しましたが、ほぼ毎日、ケータリング略してケ、平たく言うとまかないを作っています。

よく「忙しい中すごい」とか「大変そう」とか「愛情がすごい」とか言われますが、半分はそうでもなくて半分は合ってます。

演出家は、まあ開幕したら仕事かなりなくなりますから、そんなに忙しい中、ではないのです。ただ20人前を作るのはそれなりに時間がかかるので結果まあまあ忙しくなります(朝など)。

大変そうと言われますが、わしスーパー手際がよい(笑)のでそこまで大変ではないです。一番手間かかるのが玉ねぎの皮をむく作業。10個超えると凄まじくめんどくさくなる。

でも今回はケ助手をキャストの皆さんが買って出てくれたので、そういう大量仕込み系は楽になりました。玉川来夢さんは玉ねぎを10個みじん切りにしたよ。

 

「愛情がすごい」も半分あたってるかなあ。ケを始めたきっかけは、劇場で若いキャストさんが本番の合間にカップラーメンをすすってるのを見て、一番力をつけないといけない時に、お金とか時間の都合で役者さんが栄養価の低い食生活になるのは、なんとかしてあげたいとは思ったから。あとコスパがよいので、劇団主宰としては経費削減も大きな理由なのさ。てへ。

 

長渕剛さんが、コンサートの時に自分でご飯を作りそれをスタッフと一緒に食べる、という映像を見たことあるけど、けっこう大事な気がするんですよね。同じ釜の飯。

キャストもスタッフさんも喜ぶのが、

 

暖かい汁。

 

です。やっぱあったかい汁は偉大。味噌汁も偉大だよ。

宇田川さんのツイートから写真を拝借。ケ長ベストバウトは4枚目のドライカレーかな。

 

 

公演は明日から折り返しの大正時代編。こんなに長くケしたことがないので、メニューに頭を悩ませるぜ。

明日からの大正時代編もお楽しみに!あ、作品の中身って意味です(笑)キャストの皆様はケもお楽しみに。

 

ガムテいよいよ開幕

いよいよ「人生の大事な部分はガムテで止まっている」本日小屋入りです。ここ数日のガムテ関連ツイートまとめ。

 

#人生ガムテ
作品カラーを過去作で分かりやすく説明するなら現代編は「ザ・ボイスアクター」のオンライン編。大正編はアニメーション編。あくしくも主人公同じだ(笑)ただ、2作品全く違うテイストなので、たまに同じ脚本のキャスト違いですかと言われたりしますが

完全新作2本書き下ろしです!

 

#人生ガムテ
現代編、大正編、どちらかだけ観てもしっかり楽しめる作品になっています。つまり、両方観ないと分からない的なシナリオではないです^_^その上で、両方観たらこれ…楽しいだろうな〜(笑)バックトゥーザフューチャー1と2みたいなことかな。時代的には1と3か(笑)

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」本日は現代編がスパークしたな〜。ホントすごい難易度と仕事量とスピード感。それがスイングしてすごい熱が出た。大正編よりは若めの座組。劇団公演では珍しく通し稽古で円陣を組んでたね

#人生ガムテ

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」和洋折衷な時代、洋装和装入り乱れの絵は面白い。現代編とはまったくテイストの違うコメディ。 もう十二分に笑いのシーンを作った自負はあるが、さらに足した女中役中舘さんのシーンは必見
#人生ガムテ

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」稽古ハネました!稽古場で軽く打ち上げ(討ち入り?)。今日は大正現代の順で通し。お客様的には逆順だが独立したふたつの物語を行き来して、この作品作ってよかったなあと早々しみじみ(笑)たぶん、人生の大事な部分はガムテで止ま文字数
#人生ガムテ

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」稽古を終えて思うのは、すごく削ぎ落とした感。照明も音響も驚くほど早く終わるくらいキュー数は少なく、築95年の洋館で起こる1時間半の時間を1時間半そのまま見せる。ワンシチュエーションコメディをたくさん作ってきた私のある意味続

#人生ガムテ

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」続。ある意味集大成か、新しい形か、やりきった感がある。作者は新しい物語はいつも怖い。やってきたジャンルなら尚更。これ見たよって思われるから。その恐怖はぶっちゃけあった。こないだ見たあの感じもっかいって言われてもそうじゃな続

#人生ガムテ

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」続そうじゃないんだよね。宮崎駿さんがラーメン屋が毎日同じラーメンを出してるようで、常連が飽きないように少しずつ味を変えてる、みたいな例えをしてたと思うけど、僕にとって原点であるワンシチュエーションコメディは、それがとて続

#人生ガムテ

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」それがとても難しかった。ラーメンでいうとトッピングとか、スパイスではなく、ダシの部分。例えばワンシチュエーションが豚骨なら、ふたりカオスみたいな作品は坦々麺、みたいな差がある。今回は今までの豚骨のダシに勝負を挑む的な続

#人生ガムテ

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」それは上演尺90分という中に、ちょっと間違えればお客様がついてこれないくらいの脚本を書き、演出として役者たちと本当に細部まで見やすさとエネルギーを追及した。それが顕著なのが現代編だと思う。私と、劇団と、キャスト達の挑戦を続

#人生ガムテ

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」挑戦をぜひ観に来て頂きたい。大正時代編は、私が今まで書いたことのない物語曲線で書いた。大正という独特な設定の中で巻き起こるワンシチュエーションコメディは、絶対に満足してもらえる自信がある。初日10日後だけど観てね!

#人生ガムテ

 

5日(水)開幕です!お楽しみに!観てね!

最近のツイート

ガムテ関連の昨日今日あたりのツイートまとめ。140字中のタイトルが占める割合(笑)

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」いや〜新作二本立てしんどいな〜(笑)脳みそのぐちゃぐちゃ感が、脚本と演出でもう(笑)今日は現代編の凄まじいシーンを稽古。現代編はキャストツイートも、大変だ大変だ感がすごい。いや、その通りにめちゃ大変だよこれ。

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」本日は両編とも物語がスイングし始めるシーンを稽古。いや〜役者さん大変そうだな〜でも皆楽しそう。6Cに出てもらったからには大変だけど、やったことない経験をしてもらいたいしね。超難易度(観る側じゃなく演る側)を目指します!

#人生ガムテ

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」両編とも大正時代に建てられた洋館を舞台に完全なワンシチュエーションコメディです。完全なとは、ひとつの場所で起こる物語で、時間経過もなく、スポットライトとかで回想シーンなども描かない1時間半の上演時間なら物語も1時間半というストイックな形。

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」続き。この形は一昨年に再再演した「ミキシングレディオ」以来。しかもわし作品ではそれだけかな。「ボイスアクター」は若干の時間経過あるからね。これは役者さんはマジしんどいのだ。だからこそ生まれる空気感とかが芝居に乗って本当に楽しい。今は(笑)

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」本日は大正時代編の稽古。朝から現代編の台本を書いていたので、脚本演出としてはカオス!久々の完全ワンシチュエーションコメディに手ごたえを感じまくりだよ。大正編は土屋、現代編は宇田川が主演。そして椎名が裏?主演。小沢さんが総主演。なんだそれ笑

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」大正編の主演の土屋が演じる役は、大日本帝国陸軍大尉の軍人役。もうこの時点でコメディにするのが難しい(笑)それがうまくいった感がある。上演開始5分で笑いが起こるイメージが出来てる。コメディは必死な人達のすれ違いが基本なのだね。

 

「人生の大事な部分はガムテで止まっている」現代編は主人公宇田川を中心にしてかなりの群像劇感。かなり、というのは、本当に、かなり、だ。まー様々な人達がワンシチュエーションで、かなり、様々(笑)。脚本の情報量の多さを稽古場で繊細に作り込んでいる日々。脚本松本よ、何てホンを書いたんだ!