昨日のツイート0204

「Dプロジェクト」完成試写会。ちょっと前にシネマジャンクションっていう映画祭を観に行った時に思ったんだけど、自主製作映画ってなんか足りないんだよね。私の目線で言えば役者。たった一人の素人役者が(素人を使うというコンセプトに乗っかってたら何の問題もない)作品のクオリティを決める(続

「Dプロジェクト」完成試写会続き。最初にプロジェクトヤマケンに惚れたのもそこだった。インディーズに感じるどこか「しょうがない感」がなかった。私は劇団員をメインにした映画を作るとなった時に心配したのはそこ。劇団員が大スクリーンに耐えうる役者かどうか試されるなと。勿論身内だが(続

「Dプロジェクト」完成試写会続。それはまったく問題なかったと思う。宇田川はあの難役に血を交わせ、樋口は樋口ワールドを高橋明日香さんとさらに昇華させたんじゃないか?ヒグチ君編は早くお客さんの感想が聞きたい。それくらいカオスで、だいたい(舞台で言うと)幕が開く前に、作り手としては(続

「Dプロジェクト」完成試写会続。作り手としては、ある程度反応が予測できるものだが、今回は分からない(笑)分からないのが楽しいし。メイキングの監督インタビューでキャスティングが良かったと監督が言ってくれたが、演劇界の第一線キャストが惜しげもなく贅沢に出演してる画は、演劇ファン(続

 

「Dプロジェクト」完成試写会続。演劇ファンじゃなくても興奮すると思うよ。クエスト四天王のシーンとかめちゃよかった^_^それは最初に書いた、なんか落としてる感のインディーズ映画に絶対したくなかったし、プロジェクトヤマケンと6Cとそれにまつわる舞台俳優達の素晴らしいコラボだと思う(続

 

「Dプロジェクト」完成試写会続。今回の上映会の一番のハードルは、海外ドラマ的に言うと第2話からということ。その不安はずっと(なんなら毎日)あったけど、今日吹っ飛んだ。ていうかようやくこのDプロジェクトのスタイルが見えた気がした。2から始まって1があるって思えた。元々そういう(続

「Dプロジェクト」完成試写会続。元々そういうスタイルだったんだよね。前回の「トウドウツチヤ編」を観た方は期待値マックスで来てくださいね^_^今回初めての方も絶対満足できると思う。冒頭に海外ドラマ風のダイジェスト。監督はプリズンブレイクをくそほど見直したらしい(笑)この上映会(続

 

「Dプロジェクト」完成試写会続。この上映会がどうなるか見えなくて不安だったけど、どうなるか見えないのが期待と楽しみに変わったよ。この企画はお客さんを巻き込んで成功か失敗か見えない中進むのが面白いんだろうなあ。でも「完成させてください」じゃなくて「完成させましょう」って(続

 

「Dプロジェクト」完成試写会連ツイラスト。「完成させましょう」って言ってくれたお客様の言葉は忘れない。まさにハラハラドキドキの上映会が10日から始まります。絶対観てね!

 

樋口も宇田川も銀幕スターだったと思うよ。そして土屋が相変わらずめちゃくちゃおいしくてかっこいいんだよなあ。