今年一年振り返り⑥映画Dプロジェクト

映画Dプロジェクト

2月「UDA編ヒグチ君編」上映会

5月~7月「オザワ総理編」撮影

8月「オザワ総理編」上映会

11月~「シーナ編クリュウ編」撮影

今年は一年を通じてDプロ三昧な一年と言っても過言ではありませんでした。舞台を終えると撮影か上映会が待っている感じ。多忙でしたが幸せでした。

2月の上映会をぎりぎりでしたが目標達成して終え、5月の撮影へ。つまり、

上映会終わる→人生ガムテの稽古、本番→千秋楽翌週から撮影

とこんなスケジュール。撮影初日はオザワ総理の緊急記者会見のシーンで、映画全体の撮影としてはちょうど折り返しでしたが、P的立場の私はなんだか終わりが見えてきたような気がぐんとして、嬉しかったような寂しかったような気持ちになったのを覚えています。撮影をあと2日に控えた今になって思えば超気が早いんですけどね。

舞台だと脚本家が最初に仕事を終え、次に演出家がまあだいたい稽古場や場当たりで仕事を終える。つまりは実際演じる役者さん達現場でオペレーションするスタッフさんよりは先に終わった感慨が来るんですけど、映画は順番が全然違いますね。たぶん5月に感じたそれは、脚本家の部分と、8月の上映会はまだ残ってましたが、2月の上映会で達成してちょっと安堵したP的部分でしょうね。その後11月からの撮影で順次キャストがオールアップしていき、撮影クランクアップになった後もスタッフさんや監督は編集ポスプロなど完成まで奔走する。今現在、樋口、藤堂、宇田川、栗生などがオールアップとなっています。残りは俺、椎名、土屋、小沢さんかな。

5月に撮影して8月に上映会をした「オザワ総理編」はまさに芝居場、重厚なシーンの連続でした。印象に残ってるのはオザワ総理とUDAが対峙するシーン。シーンとしては警視庁地下収監室、みたいなシーン名だったのですが、監督は何もない殺風景な倉庫のようなロケ場所を選び(この発想に痺れた)、照明は二人へトップからのスポットライト。暗闇に二人だけが浮かび上がるようなその画はかっこよかったなあ。二人の演技も緊張感があり、脚本家として一番こだわったと言っても過言ではなかったシーンなので、完成を見てしびれた。

そして8月の上映会はこれまでのメイキングだけじゃなく、トークショーや本編コメンタリーなど新しい試みもやりました。自分的ベストイベントは、撮影部のホーリーこと堀田さんとヤギシタさんに登壇頂いてその場で演じてその場で撮影してその場で見るというもの。これは面白かったなあ。カメラワークでこんな風に芝居が違って見えるというのを生で体感できる稀有なイベントだったと思います。シーナ編クリュウ編の上映会でもやりたいなあ。

そして上映会で目標達成させて頂き、ついに、ついに!最終章「シーナ編クリュウ編」の撮影が始まりました。これまでロケ地スケジュールなどなどの都合ですでに撮影済のシーンもかなりあったのですが、それでも撮影シーンは多く、規模も大きい。11月11日12日の高崎の撮影は、かなり大規模なものとなりました。印象的だったのはそこで第一弾のトウドウ編ツチヤ警部編からずっと出演してくださっていたSATの高八さん、岡田さん、山本さん、田中さんがオールアップになった瞬間。高八さんが「こんなおじさん4人で頑張ってこれてうれしかった」みたいなコメントをされてちょっと泣いたよ。

そんな感じでどんどんオールアップになっていく日々。小さな劇団のPVから始まったこの企画が、本当にたくさんの方々のお力で、まもなく、もうまもなく、オールアップとなろうとしています。もちろん完成まではまだまだ道のりがありますが、感謝の言葉を言っても書いても足りないです。最高の作品にしてその皆さんの想いに答えたいと思っています。

「シーナ編クリュウ編」の上映会は4月の予定です。日程が決まったすぐお知らせしますのでお待ちくださいね。

そしてこないだ、ベトナムに行ってきたぞ!

ネタバレだから何も話せないけど、この映画のスケール感を出す為に海外ロケしたいですねと監督と話していて、(自腹ですが)実現しました!

このベトナムロケの様子をDVDにして別途上映会までにイベントできたらなあと思っています。お楽しみに!