140字の感想が好き

先日ツイッターに次回公演の話を書こうと思って、今さらながらはたと気づいた。

次回公演のタイトルは「人生の大事な部分はガムテで止まっている」

そう、長いのです。これ書いただけでかなりの文字数(笑)でもタイトルだからね、面白いでしょって感じで伝えたいしね。

 

ツイッターに書いてくださる感想が好きです。自分が書くのも好き。短くて書ききれないから、大事な部分だけ厳選するんだよなあ。だからシンプルに「面白かった!」だけみたいなのもあるよね。これはレビューサイトにはない特徴だと思います。レビューサイトは、レビューだけにどこか最初の入口である「面白かった」「つまんなかった」あとは「普通」とか?の感じが分からないんだよなあ。まあ食べログとかでも美味しい!だけじゃ伝わらないから、麺の固さとかスープとかサービスとか書くのと一緒かな。食べログとか書いたことないな。

 

という訳で、シンプルだったり厳選された140字感想が好きって話でした。

 

ただツイッターはグッドな感想ばかりが集まる傾向にあるんでしょうね。レビューサイトはある意味レビューを書きたい人がアクセスするので、よいのも厳しいのも様々な感想が集まるとは思います。ツイッターは面白かった!って思った方が観劇帰りの電車でさっと書くような速度だから、わざわざバットな批評を書く人が少ないんでしょうね。僕もそうだしなあ。その辺りはレビューサイトとは違うんでしょうね。グッドかそうとうバッドかの二極(それでも少ない)。

 

だからたまにすんごい評判いいなあと思って観に行った舞台が、そうでもないことがあります。これは正解に言いますね。つまんない、じゃなくて、そうでもない、です(笑)

 

口コミの難しさですよね(笑)人それぞれ好みは…みたいな話になるのかな。なんか数で計ってるようなところはあるかも。絶賛ツイートひとつだったらまだ動かないが、5つ観たら「マジか、そんなに面白いのか」って思っちゃう心理(笑)最近ニュースで「ツイッターの反応は」みたいな言葉をよく聞くようになり、まるで世論調査の替わりみたいな使い方をしていて、ちょっと違うんじゃないかなあと思ったけど、まあこういうことかも。

 

私達も舞台や、今やってるDプロジェクトだったら映画の、感想ツイートをぜひ、みたいな話をします。映画界よりラーメン屋より演劇というジャンルはこの感想ツイートの口コミ効果で観客を増やしたんじゃないかと思いますがどうですか?

 

よく「いい感想だけリツイートして」みたいなご意見をいただきますが、上に書いたように、いい感想のほうが圧倒的に多いんですよね。私は、辛口、厳しい、つまんなかった方面、の感想もリツイートするようにしています。ただ、ひとつ守っていることがあって、作品への感想が辛口なのはいいのですが、個人への中傷までいっちゃってる人いますね。例えば、松本の演技がダメだった、ならいいのですが、松本の演技がダメだった、死ね。みたいな(笑)

極端な(いやそうでもないか)例えですが、わかりやすく言うとそんな感じ。作品や脚本や役者がどんなにダメでも、なにも死ぬこたぁないですからね。昔アンケートに死ねって書かれたことが一度だけあってへこんだなあ。今ではいい思い出。

 

ということで批評を越えて中傷になってる感想はスルーしてます。特に役者であっても個人狙いはよくないですよね。

 

フェイスブックではどんな風なんだろう。私めんどくさくていまだにフェイスブックやってないのですよ。SNSというか、スマホはほどほどにしたくて。

 

ほどほどになってないですけどね(笑)