ペーパーカンパニーゴーストカンパニー終演後イベント情報まとめ

いよいよ「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」の初日が水曜日に迫りました。終演後イベント公式さんのツイートまとめ。詳しく聞いてないので、予想も含めたひとこと解説つき。

■6月14日(水)19時
「ペパカン初日をスクープせよ!! in TOKYO」
7年ぶりのペパカン全16回公演の初日をスクープ。お客様で終演後のキャストを激写! サブウェイリポートを逆取材!!! 撮った写真はSNSに上げて、思い思いに濃厚な読み応えのある記事をお書きください。

カーテンコール衣装撮影会だと思われます。逆取材だから記者(お客様)からの質問攻めとかもアリ?「今日台詞噛んだことについてどうお考えでしょうか!?」とか(笑)

■6月15日19時
「サブウェイに乾杯 in TOKYO Only」
キャストとお客様とで、ビールやソフトドリンクで乾杯します。二日目を終えて多少は余裕ができてくるであろうキャスト達と劇場内でご歓談ください。サブウェイリポートのみんなに、あなたがインタビューできるチャンスです!!

平日夜の乾杯イベントは珍しいですね^_^普段話せない方々とも話せて私は好きですこのイベント。施設のいろいろで乾杯イベントは東京のみ!

■6月16日14時
「ペパカントーク in TOKYO」
トークイベントです。キャストのみんなで、わいわいなんかやりますよ(←雑)。稽古場での裏話や稽古風景をあれやこれやと披露してまいります。ここでしか見られない、あの感動シーンや爆笑シーンの稽古風景とは!! 乞うご期待。

今回ね、テッパンでウケる稽古場ネタがあるんですよ。ネタバレなんで言えませんがね、本編観た後、こんな稽古してたの!?ってめっちゃオモロいはず。◯◯練と呼んでたんですけどね。再現しますよ^_^

■6月16日19時
「ペパカン座長『ふくちたかみつくん誕生日おめでとう』会」
我らが座長福地教光さんの誕生日です。大きなケーキを囲んで、ろうそくと共に、みんなで一緒にお祝いを。

へーそうなんだ。本番中に誕生日てなかなかないですよね。

■6月17日18時
「ペパカンだめ出しナイト in TOKYO」
ペパカンの作演である松本陽一が出演者のみんなを集めて、ゆるさこの上ない形でお客様の前で公開ダメ出し。前回のミキシングレディオでも大好評の、伝説の生公開だめだしイベントが・・・今、蘇る。きっと皆ビールとか飲んでます。

これ、覚えてないなあ…。前回やったって書いてあるけど…覚えてないなあ…。

■6月18日12時
「作・演:松本陽一の天声トム語 in TOKYO」
作・演の松本陽一氏の愛称「トム」を冠した本コーナー。ここでは、氏が2003年の初演、2010年の再演を振り返りつつ、2017年の今作を語ります。ペパカンのすべてを知る男、松本陽一が語る、ここでしか聞けない話。

わしトークイベントですね。初演が劇団の10周年記念公演だったからなあ。再演は初大阪公演となにかとメモリアルな作品。

■6月18日17時
「ペパカン東京楽日のご挨拶」
ペパカンinTOKYOの楽日。東京楽日の心境と大阪公演に向けての抱負とを、全キャストから皆様にご挨拶いたします。東京スタイル。涙をふくハンカチを持って、お越しください。

東京は涙バージョン?たぶん早川丈二さんがあれやる。

ここから大阪公演

■6月21日19時
「ペパカン中日をスクープせよ!! in OSAKA」
7年ぶりのペパカンの折り返し地点を追加徹底取材だ!! お客様で終演後のキャストを激写! サブウェイリポートを逆取材!!! 撮った写真はSNSに上げて、思い思いに濃厚な読み応えのある記事をお書きください。

東京初日と同じですね。

■6月22日19時
「ペパカントーク in OSAKA」
トークイベントです。キャストのみんなで、わいわいなんかやりますよ(←雑)。稽古場での裏話や稽古風景をあれやこれやと披露してまいります。ここでしか見られない、あの感動シーンや爆笑シーンの稽古風景とは!! 乞うご期待、の大阪版

大阪キャストは香織姉さん、関西ポンコツ協会会長上杉さんなどツワモノばかりだからなー。うるさいだろうなーこのイベント。

■6月23日19時
「ペパカンだめ出しナイト in OSAKA」
ペパカンの作演である松本陽一、残念ながらこの日、仕事の都合で抜けております。ここぞとばかりに出演者のみんなを集めて、ゆるさこの上ない形でお客様の前で松本氏への逆公開ダメ出しします。

わてくし仕事で東京に戻るので、その間に私のダメ出しをするらしい(笑)

■6月25日12時
「ペパカン作・演:松本陽一の天声トム語 in OSAKA」
初演、再演を振り返り、2017年の今作を語ります。初演、再演にも出演した宇田川・椎名のお二人と、その二人が今までやった春子役の兵頭さん、田村亜音役の宮島さんをゲストに迎え、あれやこれやと語ります。

椎名亜音の芸名はこの役名から取りましたからね。歴史感じて面白いな。

■6月25日17時
「ペパカン大千秋楽のご挨拶」
キャストが皆様にご挨拶をいたします。大阪ですからね。涙の大千秋楽は似合わない。キャストが全員、一人一ネタを用意して、全員が大爆笑をかっさらって行ってくれます(予定)。大阪スタイル。笑いのハードルを上げてお越しください!!

どういうことやねん。早川丈二さんはあれ歌うのかな。

以上です。お楽しみに!

脚本家の話

私の職業は演出家と脚本家なのですが、最近少し脚本だけの仕事が増えて、というか続いたので、脚本という仕事をふと考えてみた。

脚本だけ、と書いたのは、普段私は舞台作品ではだいたい脚本と演出をやっているからです。つまり自分の書いたホンを自分で演出してるというやつです。数年前から演出だけ、つまり脚本別の方という仕事も頂くようになりましたが、数でいえばまだ少ない。ただこれは楽しいですね。脚本家さんとの相性とかいろいろあるんだろうけど、演出してるな〜!という充実感はこっちのほうが強いね。

昨年「プリモピアット〜美味しい関係〜」という朗読劇の脚本の一編を担当させて頂き、これは企画ものではありますがクジカンキカクの脚本、そしてまさに来週から始まる「ごめんなさいが言えない人々」と舞台作品での脚本だけ担当作品が続きますややこしい。

今撮影している映画「Dプロジェクト」も監督は山岸謙太郎さんなので、私は脚本だけです。たまに「演出に関わったりしてないんですか?」と質問されますが、まったく関わってません。ずっとメイキングで現場に張り付いてるからそう思われたのかな。あと、これはDプロだけじゃなく「演出に口出ししたくなりませんか?」と聞かれることもあります。舞台作品とか特に。
それもないですね。世の脚本家さんはどうなんだろ。脚本家オンリーの方はけっこう思うところあるのかなあ。僕は、完全にお渡ししたらあとは煮るなり焼くなり、具体的に言うと台詞を変えるなり構成を変えるなり好きにしてくださいとお伝えします。まー僕が演出する時はそうだからね。自分の脚本でも他の方の脚本でも、稽古場でうまくいかないところは足し算引き算おおいにやりますから。それでよくなったシーンを脚本家さんが見て喜んでくれたら、よし!って思いますね。

あーでもね、以前脚本を書いた短編ドラマで物申したいことはあったなー(笑)
その脚本の肝は(監督のアイデアね)、衣装や台詞の雰囲気も時代劇のように物語途中まで見せて、物語真ん中で実は現代の人里離れた場所だったんだよ、っていう意外性を見せるストーリーだったんですけどね、物語序盤でがっつり現代の風景が遠くに映ってて、話が違うやん!メインコンセプトだったやん!と思ったことはあります。TSUTAYA新宿店に出向き、かなり邦画の時代劇研究したのに、雑!って思っちゃったてへ。

えーと話戻して、こういうことは脚本家ならままあることなんだろうけど、私はお渡しした演出家さん監督さんを信じて何も口出ししません。

先日、はっとした面白い感覚があったんです。GW前に今撮影しているDプロジェクトの読み合わせがあり、いよいよ物語も佳境なので、脚本家としてこだわったり苦労したクライマックスシーンのいくつかを読み合わせしたんですよ。クライマックスシーンがいくつかっておかしいけど。大事なシーンね。

その風景もメイキングを回してたんですが、単純にものすごくドキドキしてワクワクして楽しかったんですね。自分の書いた脚本に。いくら自信のある脚本だったとしても、普段舞台作品の読み合わせとか、こんな風にはならんぞ、と。そこであーと思ったのですが、脚本の仕事はもう終わってるから、なんだかお客さんのような気持ちで、役者の熱演を見れたのかなあと。演出やってたら、いくらフラットに見ようと思ってもなんらか仕事スイッチ入ってますからね。

なんのプレッシャーもなく物語を見れたのかなあ、と感心したのでした。あ、その読み合わせで脚本家としてひとつだけ仕事しました。台詞の中に「背後から」ってフレーズがあって、あ、普通の会話にあると不自然なんだなあ、警察っぽい説明になるなあと思い監督に進言しました。そんだけ。

間もなく開幕の「ごめんなさいが言えない人々」も、稽古はおろか読み合わせすら聞いてません。まあ同時に私演出舞台の稽古が始まったからってのもありますが。だからとても楽しみです。なんなら今自分の現場「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」#ペパカンよりも#ごめん人 を検索してチェックしてるくらいだよ(笑)

脚本はよく子供に例えられますがね、あーこんな成長を見せたのかーとか、思ったよりパンクなやつになったな、とか、それは脚本家のひとつの楽しみかなと思います。

Dプロジェクト読み合わせ立ち稽古の様子

「ごめんなさいが言えない人々」は6月7日(水)初日だよ。詳細は「最近の松本」を見てね。

ペパカン関連のツイート

「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」顔合わせから今日までのツイートまとめ。

「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」の稽古が始まりました!松本脚本史上ベスト3に入る高速役者殺し台本!稽古初日は焦らずをモットーにしてるが、なかなか丁寧に初日にしてはすげー進んだ!って台本見たら5ページしか進んでなかった(笑)いやでも、いい稽古だったんだよね。
#ペパカン

「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」本日稽古が進んだページが、椎名ツイート曰く3ページ。宇田川ツイート曰く5ページ。間を取って4ページとします(笑)ちなみにA4台本でたぶん100ページ超え。同じフォーマットの人生ガムテは50pくらい。それを2時間で上演。驚愕。 #ペパカン

「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」今日は前半の山場の高速シーンのミザンス(立ち位置)をつける。10分程度のシーンに今日も5時間!終わりまでついた時キャストから拍手が起きたよ(笑)よく使う言葉だけどこりゃ凄まじいや。
#ペパカン

「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」今日から濃密8時間稽古
疲れた〜!
脳みそがウニになった!
情報量が多い!再演を2度やり、今回ていねいに改訂入れたけど、まーぶっ込んできやがるな脚本家のわし。
演出家のわし。頑張れ!
明日は怒涛につけたシーンを頭からおさらいです
#ペパカン

「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」怒涛の稽古が続く。いやマジで役者大変だわこれ。朝10から18時まで稽古なのだが、17時くらいでみんなの背中にHPわずかのゲージが見えた気がした笑。本気でベホイミ、いやベホマが欲しい。短期集中型稽古だけど、わしは焦らないぞ。続
#ペパカン

#ペパカン 続き。今日面白いことに気づいた。物語を中心で回す椎名亜音。稽古序盤で「この役、回しツッコミのようで違うな、ボケだな」って話をして、そしてかなりオモロいボケ役になってきたのだが、椎名は15ボケ1ツッコミみたいな芝居をやってきたが、この作品は1ボケ15ツッコミなのかも。

「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」毎日言ってますが疲れた〜!ほぼラストまでミザンス(立ち位置)がついて安堵。衝撃と感動のラストシーンもいい感じ。古葉監督方式でずっと立って演出してるけどそのほうがいいアイデアがでるな #ペパカン

「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」過去2度上演しているが今回はかなり景色が違う。より動き、より止まり、役者の演技が際立つような絵が作れてる気がするな。舞台という小さな空間が宇宙になってきてる気がするぞ。いいぞいいぞ。#ペパカン

松本さんかなり手ごたえ感じてるようですね。
お楽しみに!