今年一年振り返り②「ガールズトークアパートメント2020」

今年一年を振り返っています。

6月
UDA☆MAP vol.10
「ガールズトークアパートメント2020」
シアターKASSAI


UDA☆MAPの旗揚げ作品のシリーズ作。祖師ヶ谷大蔵にある古い一軒家のシェアハウス「やえがしのいえ」で暮らす女子達を描いた青春?グズグズコメディです。初演が2010年、5年後に2010年バージョン再演と2015年バージョン新作、そして今回の2020年バージョン。毎回暮らしてる人達が変わり春夏秋冬いろんなことが起こります。元々特に2010とか2015に強い意味はなくて、5年に一度って面白いねくらいのノリで、現代劇ですがそこまで時事ネタを扱う訳でもなかったのです。ところが今上演するとなると2020か2021がつく訳で。そうなるとコロナが日常にある状態の脚本になるのです。これは最初に宇田川Pと悩みました。コロナがない体の世界観にする手も普通にあったし。結局上演は2021年ですが、みんなが経験した2020年(つまり一年前)を描くことにしました。

コロナ関連の出来事を面白おかしく描けたかなと思ってます。でも今観返してみるとコロナ関連を入れすぎでちょっと説教臭く感じるなあと脚本家反省。日常会話の中にコロナがらみが多すぎる笑

この物語はシリーズ通して、春夏秋冬の4話のオムニバスと、その間の長い長ーい場面転換が恒例でした。今作もその通りなのですが、今回はこのシェアハウスの管理人(家主)のやえがしさん(宇田川美樹)が失踪しているところから物語が始まるという新しい形。代わりに栞菜さん演じる姪の八重樫柚子(ゆず)が新管理になるところから物語が始まります。

春は岡田花梨さん演じるマスク女子の話。夏は稲葉麻由子さん演じる看護師のオフのひとこま。秋は大盛り上がりの恋バナでした笑。葉月智子さん演じる理系大学生が大学教授(恥ずかしながら私が映像出演させて頂きました)に恋をする話。冬はずっとリモート(映像)で出ていた持田千妃来さん演じるビジネス留学生が帰国してやえがしさん(失踪していた宇田川美樹のほう)と喧嘩する話。

ガールズトークアパートメントってあらすじが書きづらいんですよね。ガールズトークって言うくらいだから日常会話の延長に物語がある感じだしね。

夏のあらすじ
100日ぶりに休暇が取れた看護師の麦子。大好きなドーナツとビールを同居人達に取られブチ切れ。そこに職場から電話がかかってきて…。

なんてつまらなそうなあらすじなんだ!!笑笑

でもこの夏の話が一番好きなんですよねえ。特になんもないところから物語が始まって、特にめちゃくちゃ大きなことも起きないけどちょっとだけ主人公すっきりした、みたいな塩梅。主人公麦子を演じた稲葉さんも雰囲気ぴったりでしたね。あのテロンとしたトレーナー上下とかね。あのなんとも言えない脇役と主役の間の演技と言いますか、稲葉さんにしか出来ない主人公像が描けたかなと思ってます。
あと医療従事者あるある?とか「感謝だけして終わるなー!」って台詞が実際の看護師の方から面白かったって言ってもらえて嬉しかった。

秋は松本稽古無双でした笑。鶴田葵さん演じる蛇目(じゃのめ)さんの不倫の噂と、葉月智子さん演じる納豆女子と呼ばれてる理系女子の恋の告白。松本稽古さんが演じたトッコさんは秋の冒頭で合コンをドタキャンされて用済みなはずが笑、何故から最後まで主人公感があると言う笑。
この話は稽古してて楽しかったですね。恋の話は実はガールズトークとタイトルにつけておきながら初かも(2015でゲイカップルの結婚てのがありましたが)。その恋バナに松本コメディのかけ違い系?のテンポが重なって面白い話になりました。
松本、高宗、渡邉の恋バナトリオはなんかキャラクター化したいくらい笑。

春夏秋冬全話に登場する女子高生陽瑠を演じたのは、実際も高校1年生(だったと思う)の渡邉結衣さん。彼女はね、すごくよかったです。15であの貫禄、度胸、視野の広さ、脇でもいい仕事できる15歳なんて見たことない。天才だと思います。宇田川も彼女が中学生の時の芝居を見てこの子はすげーって思ったらしい。今後がめちゃくちゃ楽しみです^_^

冬は喧嘩して仲直りするだけの話なんですが、喧嘩して仲直りするのが世の中のドラマで一番難しいんじゃないかと思いました笑。しようもない喧嘩ってそうだよね。解決もしょうもないか、気づいたら時間が解決してたとか、とにかくしょうもない笑。このしょうもなさをしょうもないまま面白く観せるのがガールズトークの面白いとこであり、難しいところです。宇田川美樹はこの話しか出ないのですが、やはり出てくると空気を変える女優だなと思いました。

全話登場の胡桃役、今川宇宙さんも良かったな〜。いわゆる回し、ツッコミポジなんだけど、ガールズトークのこのポジって、そこに留まらないボケ要素なんかも混ざって面白くなるんだよね。そして冷蔵庫の張り紙など作品を彩ってくれたイラストの数々はイラストレーターである彼女の作です。

舞台美術は若い美術家の西山美咲さんが担当。みんな思ったと思うけど、あの家、

住みたいよね。

美術出来上がった時感動しました。これならみんなシェアハウスするよって。

そんな感じでこのシリーズはまた5年後なのかな?2025年はどんな年なんでしょうね。

次回振り返りは
10月
「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」です。

今年一年振り返り①「ボイルド・シュリンプ&クラブ」

今年一年振り返り。

毎年年末に、自分自身の備忘録的な意味も込めて、今年一年で上演した舞台などの活動を振り返っています。
今年の作品群は、
5月「ボイルド・シュリンプ&クラブ」
6月「ガールズトークアパートメント2020」
8月「袴DE☆アンビシャス」
10月「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」
11月「12人の私と路地裏のセナ」

でした。このうち2作品 
#袴DE
#12セナ 
が公演中止、来年に延期となりました。それについては最後に振り返るとして、まずは、今年一発目の
#シュリクラ
から振り返りスタート!

4月〜5月
劇団6番シード第72回公演
「ボイルド・シュリンプ&クラブ」
シアターKASSAI

藤堂瞬演じる御堂筋海老蔵と、椎名亜音演じる諏訪蟹子の探偵コンビが事件を解決するミステリーコメディ。
まさにテレビドラマのような1時間×4話というスタイルで、1話2話がA公演、3話4話がB公演、全部一気に上演する一気公演もやりました。一気公演は評判が良かったですねえ。13時に開演して、途中長い休憩は入れましたが、終演は18時半という、なんと5時間半の公演!!!どうせマチネソワレで2公演とも観るのなら一気公演の方がいい、という声をたくさん頂きました。またこういう2バージョン公演とかあったらやりたいと思います。というかすぐ来年にある予定です笑。

この作品は「倒叙ミステリー」と言って、観客は犯人が最初から分かってる状態で始まるミステリーの形のことを言います。古畑任三郎がまさにこの形です。最近古畑知らない世代が出始めてるのには驚いた笑。
CASE1「地下鉄ジャックを阻止せよ」
CASE2「イタリアンの罠」
は2012年に初演(10年前かっ!)した台本に加筆したもので、
CASE3「ピエロの逃避行」
CASE4「浮気調査は世界を救う」
は新作でした。全4時間は演出も大変でしたが、探偵の二人、とりわけ謎解きを担当する藤堂は台詞の海に溺れておりました。しかし、しっかり間に合わせてくるのが信頼の劇団員って感じで頼もしかったな。各話ごとに振り返ります。

CASE1「地下鉄ジャックを阻止せよ」
松木わかはさん演じる普通のOLが犯人。冒頭で「半蔵門線をジャックします」と警察に予告電話するシーンから始まります。この何の変哲も無い会社員がなぜ地下鉄をジャックするの?という謎を、探偵達が解いていく流れ。
松木vs藤堂のやりとりが脚本家的にも好きで、稽古場でもずっと二人で台詞合わせしてましたね。こういう心理戦がやりたくてこの倒叙形式にしたというのは大いにありましたし、それを存分に表現してくれました。
一方椎名演じる蟹子は、冷静に考えるとかなりのイカレキャラクターで、初演時が6ヶ月連続公演のラストで新作だったので、なかなかの遊びテンションで描いた感が月日を経てやってみたら思ったこと。ちなみに再演のA公演と、新作のB公演では、同じ作家(わし)が書いた同じキャラとは言え、やっぱり熱量が違うなと思いました。シリーズもので作家が何人がいるみたいな。それは主演の二人にも伝えて、蟹子のパーソナルはこのイカレ1話でよろしく、という話をしました。
ラストは、失踪した恋人と再会するというなかなか素敵なホンだと思います。駅員演じた遊佐邦博さんと慶洲君のコンビもいい味出してたな。川上献心君演じたサラリーマンの末路がちょっと可愛そう。

CASE2「イタリアンの罠」
神谷未来紘さん演じるイタリアンレストランのオーナーシェフが、ワインセラーでスポンサーである会社社長を殺害するところから物語が始まります。この回が一番正統派ミステリーという感想が多かった気がします。殺人事件ですしね、レストランが舞台のワンシチュエーション感もあるし、オーナーがいかに厨房を抜け出して殺害し5分で戻ってきたか、という密室&時間差トリック的な要素がそうさせたのでしょうね。これも再演作ですが、当時マジで死ぬほど苦労して書きましたよ。「不思議なものは何もない」というミステリーを書く勉強にもなった話です。
その分、コメディ色が弱まるので、宇田川さん演じる大家のバアさんがシェフに恋するサイドエピーソードなんかを入れました。樋口演じる村田刑事もコメディリリーフ的な位置で登場するのですが、それが一番活躍するのがこの話かな。その相方として台本上はほとんど記載のない「ファンファン」というホステス?嬢、1話で女子高生を演じていた花実優さんをモブ的に配役したのですが、面白かったのでめでたくCASE4で再登場することに。こういうのもシリーズ物の面白さですね。
ラストは、オーナーが味覚障害になって、それを隠す為に野口オリジナルさんが演じる副料理長が…という謎解き二重構造は良かったなと思っています。殺人事件ですからね、犯人のその後を想像すると結構辛いものがあるのですが「この店を頼んだぞ」という最後のオーナーの台詞は気に入っています。

そしてこの1話2話に登場するのが舞川みやこさん演じるメイドカフェ店員と、西澤翔君演じる繁華街で客引きをしているフリーター?の二人。舞川さんのゆるい接客最高でしたね、その発想はなかった!と稽古場で唸りましたわ。西澤くんの素を生かしたというか何と言葉にすればいいかの西澤ワールドと相まって、いい癖キャラになりましたねえ。こういう情報屋ポジっていいですよね、僕も大好きなジャンル。ジャンル?。CASE3CASE4では別の情報屋が出てきます。探偵+情報屋っつーのがたまらないのよ。今後もシリーズ続くなら新しい情報屋も増やしたくなる。でもこの人たちもまだ出て欲しいから悩む。

CASE3「ピエロの逃避行」
図師光博君演じる風俗店のサンドイッチマンのバイトをしているピエロと、七海とろろさん演じる恋人の風俗嬢の逃避行のドラマ。図師君呼ぶとシリアス班にしたくなるんだよなあ。あ、このホームページの対談企画に図師君との対談があってそのタイトルが「ピエロの葛藤」です。この対談からインスパイアされた部分はあったかも。お時間あればご覧ください。
連ドラで言うと異色回ってやつです。あんまりミステリー要素ないし、ロードムービー的な展開だし。恋人を守る為に風俗店の店長を殺害してしまったピエロ。真相はもう少し深いところにあって、そこに小沢さん演じる今は落ちぶれてしまった大道芸の師匠との歴史が絡み合っていきます。短編なので少し描き足りないな感はありますが、小沢さんにはとにかく薄い薄い演技を要求しました。「何もしないでそこにいるだけでいい」的な。
情報屋がCASE1、2とは変わって、ちょっとダークサイド方面な人々。花奈澪さん演じる偽造パスポートを売る裏社会の女リョウと、門野翔君演じる窃盗団のリーダー、タケルが探偵達に協力していきます。リョウは面白いキャラだったな。かっこいいのにコミカル要素もいけるし、なんかファニーな魅力はなみおさんのキャラ造形の賜物。CASE4で弁護士になるのとかもう。かどしょーは伸び伸び演じてましたね。普段のあいつに近いのかな、どうかな。本当にああいう奴としか見えない笑。あとアクションのキレえぐい。
宇田川さん演じる悪徳刑事・香水華はシュリクラの元になった作品「0:44の終電車」に登場したキャラクターでした。2018年にその作品を女性版としてアリスインプロジェクトで上演したのですが、その感じがもうすごく良くて、再登場させました。0:44に興味ある方は劇団のホームページで初演のDVDを販売してたと思います。みんな若いよ笑。
ラストの感動のデビルスティック。ラストにピエロがなんか大道芸をやって泣かせる、というイメージは早くからあったのですが、お手玉とかシガーボックスじゃちょっと絵が弱いなと思い、きっと難易度は鬼高いだろうと思ってたけど、顔合わせの日に図師くんの席にデビルスティックをそっと置きました。その後の奮闘はメイキングでぜひ。

CASE4「浮気調査は世界を救う」
土屋兼久演じる潔癖症のエリート刑事が特殊詐欺に加担していたというドラマ。まず殺人事件はやめようと思ったのです。古畑は全部殺人の倒叙ミステリーですが、探偵なので、殺人以外の事件も(ていうか殺人の方が稀であってほしい)解決したいなと思って思いついたのがオレオレ詐欺(特殊詐欺)でした。謎解きを組んでいくと案外、というか相当難しく、殺人の方が物語のフォーマットがあってある意味楽なんだなあと思いました。最終的に犯人が「参りました」となる論理の積み上げと、もう一つは情緒の完結ですかね。倒叙ものはこの二つの要素で「参りました」にならないと面白くないんだなあとこれまた勉強になりました。この話では、海老蔵が推理したパーツを最後に高宗歩未さん演じる部下が涙ながらに「警視の指紋が検出されました」という言葉で、エリート警視が観念します。ラストの野球場が古畑のラストシーン(スペシャル版除く)と同じだったのは狙いではありません。が、偶然でもないかもなあ。
土屋はこの公演をもって劇団を退団することになりました。まあひとり立ちと言いますが、その後の今年の彼の活躍を見ていると私も嬉しくなります。ラストに警視と海老蔵がピッチャーとバッターとして対峙する絵でこの物語は終わります。長らく一緒に舞台を作り、土屋のことを尊敬?信頼?していた藤堂とのラストシーンは、今思えばなんだか印象的ですね。なんてね。

この公演は山岸謙太郎監督にオープニングムービーを作ってもらい、主題歌もオリジナルで作成し(KIHOWさんの歌声たまんないよね。音楽配信サイトで購入できますよ。youtubeも貼っときますね)、準備から気合い入れて臨んだ公演でした。今振り返ると、3たびの緊急事態宣言中の公演となり、大変なこともいっぱいありましたが、37人という大人数の座組み(オーディションも久々にやりました)で駆け抜けられたこと、今頃しみじみしちゃうな。超沢山の人が関わってくれた一大プロジェクトと言ってもいいのかもしれませんね。ありがとうございました。
このシュリクラは絶賛シリーズ化の予定です。映像化も企みたい。次は誰を犯人にしようかなと想像するだけで、ワクワクが止まらないのですよ。ご期待ください。

初日から超長文になった!まあそれくらい規模感ある公演だったしね。
次回は、
UDA☆MAP「ガールズトーク☆アパートメント2020」
です。

最近の松本

「12人の私と路地裏のセナ」公演中止(延期)のお知らせ
 http://www.6banceed.com/12nin.html

【松本 脚本演出舞台】

劇団6番シード第73回公演
「12人の私と路地裏のセナ」

2021年11月17日(水)〜23日(火・祝)
LinkIcon中野テアトルBONBON

◆ストーリー
無名どころか存在すら知られてないタップダンサーは、いつか劇場でスポットライトを浴びる夢を…持つこともなく、その日暮らしの生活を続けている。彼の日常はコミカルで刺激いっぱいの日々。高飛車な態度で彼に仕事を斡旋する「麗しの君」や、困った時はすぐ金を貸してくれる「通りすがりのヤクザくん」、たまに現れては人生訓を押し付けて帰っていく「プロフェッサーK」など、現実と虚構が入り混じったようなおかしな連中ばかりが彼の生活を彩っている。
そんなある日、タップダンサーは、いつも練習をしている路地裏でセナと名乗る女性と出会う。セナとの出会いはやがて彼を現実の辛い世界へと引き戻していく。タップダンサーは複数の人格を持っていたのだった。セナが予見する彼の未来、それは明るく光り輝くスポットライトの中でタップを踏む姿。タップダンサーと「12人の私」は、その未来に向かって歩き始めるが…。

詳細はこちら
http://www.6banceed.com/12nin.html

今年一年振り返りラスト「ザ・ボイスアクター〜アニメーション&オンライン〜」

さて振り返りラスト!

11月
6番シード「ザ・ボイスアクター〜アニメーション&オンライン〜」

今年の頭の段階では連ドラ演劇「ウィキペディアな男、ヤフーニュースの女、炎上トランスジェンダー」という企画を2021年春まで連続でやる予定だったのですが、コロナになり、流石にこの企画はエッジが立ちすぎて今やれないだろうと思って演目変更しました。この企画は必ず今後やりますのでお待ちくださいね。

そして選んだのがこの演目。再演はもう4度目となる劇団の大人気作品です。ミキシングを終える頃、演目を何にしようかなと思った時に、今年はとにかくコメディで笑ってもらいたい、生の舞台の面白さが実感できる作品(まあなんでもそうですが、ワンシチュエーションコメディとかノンストップ感とか)にしようと思いました。元々また再演はしようと思っていて(コロナがなければ2021年とかにやってたかも)、アニメ編の主人公を藤堂にしたら面白いだろう、そして宇田川美樹の真骨頂を見せつけてやろうというような想いもありました。

まずね、キャストがすごくよかった。実は上に書いた連ドラでオファーしていた方も何人かいたのですが、もうアニメもオンラインもハマりまくった印象。
アニメはまずマネージャー矢理田に七海とろろ君を配置したこと。藤堂とのコンビが良かったですね。高橋明日香さんのヒロインも良かった。

藤堂はあんな破天荒なキャラなのに(パンイチになるくらいなのに)なんかいそうなんだよなあ。ああいう俳優。藤堂とはリアリティも共生するキャラを作りたいといった話をしましたが、いるんだよなあ、ああいう人(2度目)。過去小沢、土屋と演じてきましたが、一番良かったかもしれない。

意外というか想像以上によかったのが、真野未華さんとオオダイラ隆生君の原作者と脚本家のコンビ。まのみかは本当にコメディエンヌとしての才能を今後どんどん伸ばして欲しいと思ってる。もちろん彼女シリアスもいけますけどね、あの独特の度胸と愛嬌。一人でドリブルして必ず点を取ろうとする姿勢といいいますか、なかなか周りにいないと思うんですよね。たみしょうさんとか中野さんとかを抜いていって欲しい笑。
オオダイラ君演じた魚来という役は実は台詞はめちゃくちゃ少ないのですよ。でもすごく印象に残ってるでしょ?あのオタク感あるあると細かい芝居の積み重ねがよかったなあ。

そしてオンラインではやっぱり黒船でしょうね。兵頭さん演じるディレクターとよっちさん(平山佳延)演じるプログラマー、そして身体能力鬼高の松藤君はモーションアクター。屈強でした。ええ屈強でした。僕はキャスティングの時に兵頭さん演じた祐天寺(元は男性キャスト)を女性に変更し、よっちさんと組ませました。vs宇田川美樹というこの役者バトルが絶対すごいことになると思ったから。そしてすごいことになったと思います。
そしてそれらを支えた仕事人たちがまたよかったのです。まずwボランチと呼んでいた椎名松木ペア。これは文章化本当にしずらい。本当にボランチの仕事を完璧にやってくれた印象。サッカー知らない人ごめんなさい。俺もにわかだけど。
その後ろに土屋や小沢がさらに多重層を奏でるといった構図が本当にこの作品の圧倒的な評価につながったと思います。土屋はいい仕事してたなあ。
そしてオンラインの浮谷君も超絶ツッコミマシーンと化してましたね笑。そう思ってオファーしたのですが、彼はただツッコむではない、というかそっちから始めてない感じ、なんて言えばいいのかな、ツッコミの前の部分や奥の部分を大事にしてるのですよ、そこに技術が乗るから面白いのです。ツッコミは本当に技術だけでやると鼻につく芸なんですよね。それがわかってる彼はすごいなと思った。

オンラインの宇田川と工藤夢心さんの師弟ペア。女優宇田川ここにあり!といった作品で、まさにそれを体現してくれた宇田川さんですが、夢心君のピュアな輝きと共にそれが際立ったように思います。夢心くんはこれがラストステージ(キャスティング後に知りました)。潔く「やりきった」と語っていた彼女のカーテンコールはカッコよかったな。お疲れ様でした!

役者さんのことばかり書きましたが、それくらいこの座組は屈強でした。今年を締めくくるのにこの演目でよかったなと心から思います。

あと久々にやった終演後イベントは盛り上がったなあ。神回でした。

さて、これで全作品振り返ったぞ!お疲れ俺!
来年もね、まだまだ大変な世界が続きそうですが、ベタですけど、前を向いて、想像力を忘れず、頑張っていきましょうね。
これも恒例ですが、元旦に6番シードホームページで来年一年のラインナップを発表します。お楽しみに!

それでは皆さま、よいお年をお迎えください。

松本陽一