今年一年振り返り④新宿アタッカーズ2

今年一年を振り返っています。

8月
UDA☆MAP
「新宿アタッカーズseason2~熱海殺人事件!?~」
シアターKASSAI

毎年夏の風物詩UDA☆MAPですね。初演で大好評だった江戸の新宿の盗賊三姉妹を描いた新宿アタッカーズの続編、というかまさシーズン2ですね。今回は代替わりして三姉妹に石井陽菜さん、三浦菜々子さんに。これは楽しかった。石井さんは前回のヅカヅカでもっと壊れた役やってもらいたいと思い、三浦さんは1月のまなつで光るものを私も宇田川も感じたのから。あと物語のキーとなるお風役を演じた清水凜さんもよかったなあ。若い子達がしなやかに伸びていく、これもウダマップの面白さのひとつかも。

脚本は予想通り大苦戦して大変でした。やっぱミステリーは難しい。今回は2時間の長編だったのでなおさら。謎は途中でちょっと解けないといけないし深まらないといけないし、そればっかやってたらシーンはつまんないし。で、後半宇田川演じる亜破がバイトしながら実は謎解きのヒントを得ていたという流れは気に入っています。バイトするというのは宇田川さんのアイデアでした。

物語のふたつの要、旅芸人雫の椎名亜音と、踊り子で真犯人の八甫役の松本稽古さん。脚本的にも演出的にもこだわったふたりですね。物語は中盤雫にミスリードしていくのですが、とにかく観客は今どう思っているだろうかということを稽古場ではずっと考えたり感じ取ろうとしていました。そして八甫が真犯人とバレないような細心の注意!(笑)
振付も担当してもらった稽古さんが中盤アクトでお風にみんなで手を差し伸べる時、「このアマ…」みたいな顔がだんだんきつくなってきて(笑)、「バレます、だだ洩れしてます今」ってダメ出ししたり。

謎解きと八甫と一針の過去とお風と雫が親子だったというくだりを一気に見せるのは本当に難しかったし、うまくいったんじゃないかなあと思ってる。薬指の伏線はとてもお気に入りです。

宇田川さんともシーズン3やろうねって話をしています。近い将来またあいつらと会えるんじゃないかな。あ、そうそう、その時は絶対出しますね。耳かきの寂遜。
鶴田さん演じたあの殺し屋?はもー漫画みたいで大好き。あいついたら何でも出来るんですよね。自白もできるし、洗脳や後催眠、いろんな誘導もできる。だから敵役にしたんですけどね。

宇田川さんの一番のお気に入りの台詞は「服を着ている!」だそうです(笑)

今年一年振り返り③ペーパーカンパニーゴーストカンパニー

今年一年を振り返っています。

6月
OILAGE OSAKA &TOKYO
「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」
東京公演…シアターKASSAI
大阪公演…芸術創造館

東西の役者がコラボするこの企画ユニット、第三回となりました。大阪から早川丈二さん始め、大阪の人気劇団スタージャックスより浜口望海さんなどそうそうたるメンバーが。企画の性質上稽古期間は短く(大阪から東京に滞在して稽古する為)その稽古場は毎日ひりひりしてました。
キャストさんで振り返っていこうかな。

ヒロインの春子を演じた兵頭祐香さん。男前だったな~。なんだろう、太陽のような明るいオーラを持ってるんだけどいつもファイターだったなっていうイメージ。幾多の戦地をくぐってきた感があった(笑)千秋楽の翌日に京都でロングランをやっている「ギア」を観に行ったのですが、これが本当に素晴らしいステージで、千秋楽翌日に出演してるってのもそうだけど、このギアの立ち上げからずっとロングランをやり続けている強さとか、そういうのが兵頭さんのファイター感だったのかな。

浜口望海さん。すげえしっかりしてる人だと思ってたらみんなから「ポンコツやで」と教えてもらい、実際稽古したら全然ポンコツじゃないじゃんって思ったんだけど、本番直前あたりからポンコツ臭がし始め(笑)本番では何回かやらかしました。お茶目で誠実で素敵な大人でした。

緒方晋さん。最初に聞いたキャッチフレーズは「関西の野良犬」まじか、見た目超怖そうだし、とか思ってたら最初に稽古場で会った時に「野良犬じゃありませんから安心してください」と低姿勢(笑)
なんだろうこの人、味わいの塊みたいな演技はとても素敵なんですが、とにかく質問の虫でした。休憩中の喫煙所でずっと芝居の質問攻め、野良犬のアウトローな印象とは真逆の人でした。でも私生活というか芝居を離れるとまあグズグズですね(笑)あの丈二さんがまともに見えたよ。

東京からは椎名、宇田川、宮島小百合さんなどが参戦。椎名が6番シードで初舞台を踏んだのがこの作品で、今の芸名の由来となった田村亜音を宮島さんが演じておりました。若い宮島さんにはこの強烈な役者さんたちが刺激になったんじゃないかなあ。もちろん演技のとかいい意味ですよ(笑)
とにかくすさまじいスピードで進むこの演目は私の台本でも1,2を争う難易度と体力。4月のガムテでも大変だった椎名はここでも汗まみれとなっておりました。椎名の演じた楓という役は狂言回しのようでありながら実はボケ役。ツッコミが得意な椎名に「この役はツッコミのようでボケだね」と話した記憶があります。
宇田川さんがこの締めポジションに入ると本当に強い。早川さんとのWボランチ?は屈強すぎてこれがオイルの醍醐味だぜ、って興奮しましたね。絶対失点しない強さが彼女にはある。点取り屋でクラッシャーのようなイメージですけど違うんですよ。

そして主人公の陵を演じた福地教光さん。この陵という役はぜひ福地君にと思い、福地合わせで日程決めたくらい(笑)平凡で、でも影があって、不器用で、でも純真で、陵が春子の死因を語るシーンなど本当よかったなあ。
ラストの別れのシーン。これがこの作品が長くたくさんの方に愛されている理由だと思いますが、あそこの表情は陵も春子もよかったなあと思います。福地の涙に涙するわし。

オイルエイジはなかなか頻繫にやれない企画ではありますが、途切れさせることなく今後も続けていけたらと強く思った公演でした。次回はまだ未定ですが、楽しみにお待ちください。

あと飯島松之助君は好き(振り返り雑)

今年一年振り返り②人生の大事な部分はガムテで止まっているガムテで止まっている

今年一年を振り返っています。やべーまったく年内に終わる気がしねー。

4月
「人生の大事な部分はガムテで止まっている」
劇団6番シード
池袋シアターKASSAI

現代編と大正時代編の2本立て公演。最初の12ステージを築100年の廃墟となったお屋敷での現代編、休演日1日で舞台装置をタイムスリップさせ(笑)その屋敷が建てられたばかりの大正時代編を上演という一風変わった公演形態でした。

タイトルは昔スマホにメモっていたアイデアでした。私なんかくだらないこととか、タイトルだけとか、誰かの語録とかを忘れないようにちょいちょいスマホにメモってるんですよね。次回UDA☆MAPの「沼田☆フォーエバー」もタイトルだけメモしてたもの。最近メモした語録は「夢のような地獄」デッドリーの焼却炉の感想ツイートだったかな。あと「クオリティを下げてください」ある女優さんから聞いたプロデューサーに言われた驚愕の言葉(笑)

でこのタイトルですが、トークショーとかでも話しましたが、とある小洒落た創作居酒屋のトイレの壁紙がガムテで止まっていたのを見て思いついたネタでした。なんでこんなに内装こだわって、ここガムテなん!っていう(笑)
劇団本公演で久々?にシチュエーションコメディをやろうと思った時、このタイトルはいいなあと思いました。このタイトルでいろいろ説明終わってると思いません?間違いなくコメディで、最後ちょっとうるっときそうだな、みたいな。絶対ガムテで止まってないよ!あ、いや止まってそうな気もするな、みたいな。
だからなのか上演時間は短めの90分。あ〜きっとそうだな。タイトルで30分ぶんの説明が終わってたのかも。今気づいた。

現代編は再現Vの撮影クルーの話。再現Vってとこがミソだったかなあと思います。エリザベスマリーさん演じる再現Vの女王がよかったな〜。あと夢麻呂さんに、この役を演じたら世界で一番夢麻呂さんが面白いだろうと思ってあて書きしました。

今回オーディションを久々にやりまして、それは私達も新しい出会いを求めていたし、だから8時間みっちり劇団員と一緒に芝居つくる、みたいなオーディション内容だったのですが、やってよかったな。たくさんの新しい人達とこの人生ガムテを作ることが出来ました。
現代編では菅野英樹君、阿部博明君、丹由美子さんなど。菅野君は2月の番外公演の主演に抜擢されました。彼ら、彼女たちとはまたいろいろやれるといいな。

大正時代編は土屋無双と呼ばれておりました(笑)主人公の陸軍大尉役の土屋がひたすらボケもツッコミもストーリーラインも担うというまあハードな役でしたね。
私としては陸軍諜報部というどーやったって出てきただけで緊張感の漂う主人公で最高のコメディが書けたかなと思います。
開始2分で水路をキメられたかなと。「この壁に、穴を開けてよいか」

現代編ではたぶん脚本家として初めて地震を使いました。かなり悩んだけどね。天災というのは人智を超える部分だから、それがど真ん中にある話(パニックものとか)でなければ途中で予告なく使うのはとてもリスキーなのです。
でもリアルにあるうる話なのでやってみました。結果よかったなと思っています。舞台装置にいろいろ仕掛けをしました。

仕掛けといえば小沢さん演じる傳次郎の肖像画。なんかこのころから小沢さんが神格化されてきてる気がした(笑)

久々のシットコムは大変でしたが楽しかったです。
小粒はピリリと辛い、みたいなよき小作品になったと思います。

今年一年振り返り①まなつの銀河に雪のふるほし

毎年恒例に今年一年を振り返るブログを書いています。毎年夏休みの宿題みたいに大晦日年明けギリギリまでかかってしまっているのに、このワードプレス(ブログの仕様)に引っ越して初、しかも昨日まで台本書いてたからスタートが例年より遅い。がんばっていこー。

1月「真・まなつの銀河に雪のふるほし」

これも毎年恒例の感想を言いますよ。これ今年か〜!え〜遠い銀河の彼方だね。あ、狙った訳じゃないんですが主人公の名前は奏(かなた)。
その奏を演じた山本亜依さんのフレッシュな演技が記憶に残ってるなあ。そしてすぐ泣く笑。ゲネプロ終えたカーテンコールの挨拶で泣いてておいおいって思ってたらほぼ全ステージ挨拶で涙ぐんでたなあ確か。泣き虫座長奮闘記みたいなサブタイがつくよ(笑)

作品は5年前に初演した作品を大幅に改編しての再演。元々好きな物語で再演するなら演出したいなあと思ってたのですが、この改編はとてもやりやすく演出させてもらった印象。
自分的お気に入りのシーンは、物語中盤で生徒達が奏にすべてを話すシーンの演出。脚本上は難解な台詞や、説明的な台詞が並ぶシーンに、そのシーンに出てないキャラを使って絵を足したのでした。あそこはかいしんのいちげきかな(笑)

キャストさんでは、習志野役の岩田陽葵さん、初演と同じ光役をやたった斉藤雅子さんなどが印象に残っている。

写真のアクトダンスはエリザベス・マリーさん。

この作品が好きなのはなんだろうなあ。壮大なSF設定なのかな。普段私はSFなんて書かないし演出しないから楽しい、は確実にあると思う。

あと雪かな。雪というか降らしものは好きなんだよなー。みんなも好きだよね。

ベトナムに行ってきた

いやーすごい経験でした。やっぱ旅はいいし、見聞を広めるのはいいね。

映画「Dプロジェクト」の撮影でベトナムに行ってきました!
1泊3日の弾丸ツアー。楽しかった!簡単に振り返りますね。

ホーチミンに到着して空港を出て驚愕。なんか街の、人のエネルギーがすごい。
濃い?
熱い?
なんかちょっとずつ違うんだよなー。
「生きてる」がぐいっとくる感じ。そんでなんか楽しそうなんだよなー。
とにかくギラギラしてた。瞬間に思った。このエネルギーは今の日本にはない。ちょっとはっとした。昔の高度成長期とかはこんな感じだったのかな。

で、翌朝ですよ。さんざんツイートしましたがね、

バイクがね、それはもう。

ホント凄まじい。よく事故起こさないなレベルで行き交う。信号ない交差点も多いし、そもそも信号の役割が雑(笑)
それが不思議と不思議な秩序になってる。ひょっとしたら日本より事故件数は少ないかもしれん。

横断歩道の前で立ち止まり「あ、勇気出して渡んなきゃいけないんだ」って何回か思った(笑)
こつは立ち止まらないことと、ゆっくり進むこと、らしい。
そうすると相手がよけてくれる。服をかすめるレベルの近さでなっ!

こちらマーケットの様子。
なんだろか、ここでも「生きる」がオブラートなしに飾られてる感じ。日本だと築地とか?
ここで撮影しましたよ!「ゲリラ撮影ですか?」って監督に聞いたら、「許可撮ろうとしたら、邪魔にならないように勝手にやれって言われた」だって(笑)とにかくベトナムの方は寛容でしたよ。朝撮影予定の屋上のオーナーがいなくて(この辺りの時間や約束感覚も寛容笑)急遽探してマンションの2階に暮らす方の家にお邪魔して撮影したりしました。電波少年的なメイキングが撮れてます笑。でもね、そこの家主さんお茶出してくれたんですよ。オバマさんがベトナム来た時も撮影場所として貸したんだって。とにかくベトナムの方は寛容で明るい人達ばかりでした。

こちらも撮影にご自宅を貸して頂いたご一家。
素敵な方々でした。おばあさまに土屋が梅干しのお菓子をプレゼントしてたな。
とにかくロケ地がすべて海外ドラマの「ホームランド」だったよ。メイキングも何撮っても面白くて撮れ高ありすぎ。

暑い国だからかみんな家やビルの軒先に出てるんだよね。道はバイクでいっぱい。軒先きに人がいっぱい。
なんか分からないけど懐かしい感じがした。他の人も言ってた。昔の日本の夏の夕暮れみたいな。

ホーチミンには市内電車がないから主な交通手段がバイク。そう考えたら異常なまでのバイクの数も、山手線を朝利用する人が皆バイクに乗ったらこんなもんじゃないよね。日本に来た外国人が「通勤ラッシュは異常」と思うのと同じか。文化生活の違いなだけなんだよなーと感心しました。

にしてもすごいよ。

現地エキストラの方々。Dプロジェクトがこんな形で世界の方々の協力を得て出来上がっていくなんて、始めたころは露にも思わなかったよ。述べ15人くらいの方々、アリスインプロジェクトの鈴木さん、通訳で現地アイドルのフーちゃんの協力でベトナムロケが実現しました。フーちゃんの写真がなぜかアップできないワードプレスの馬鹿!

1泊3日だったせいか、日本に帰ってきて、まるでひとときの夢のような感覚です。また行きたいなベトナム。

そしてDプロジェクトの残り撮影は3日。オールアップが見えてきた。

この弾丸ツアーの様子は、本編メイキングとは別に皆さまにお見せしていきます(^ ^)藤堂の旅ロケ撮れ高すごかった(笑)お楽しみに!