今年一年振り返り⑧「バスケットボールダイアリーズ」「ホームセンターズピリオド」

今年一年を振り返っています。

9月17日〜25日
feathers stage「ショートストーリーズ」

私脚本の短編2作の上演。私は「バスケットボールダイアリーズ」の演出。「ホームセンターズピリオド」は劇団東京都鈴木区の鈴木智晴氏の演出でした。

どちらも短編の中ではとても気に入っている作品で、ホームセンターのほうは、昨年(だったかな?)扇田さん演出で上演されましたね。バスケのほうは、振り返り③の記事で書いた6バンjackNGで上演予定(演出扇田さん、主演宇田川ですげえ楽しみだった)でしたが延期となったので久々の上演でした。

このバスケットボールダイアリーズはね、えぐいハイテンションの芝居なのですよ。ずっと絶叫しながら喧嘩してるような、この座組ほとんどの方は初めてご一緒する女優さん達だったのですが、ホント大変だったと思います。

物語は、弱小実業団女子バスケチーム「だいありダイアリーズ」の試合の、ハーフタイムだけを4試合分描くというトリッキーな構成のグズグズコメディ。主人公のキャプテン陸がイカれテンションのキャラで、舞台2作目だったかな、の公野舞華さんは相当な難易度だったと思いますが、だんだんと頼もしいキャプテン感が出てくるんですよね。後にも先にもこんなトリッキーな主役ってないと思いますよ笑。完全Wキャストで、もうひとチームの陸は小見川千明さん、この方は面白い個性を持ってて、なかなかはっちゃけたキャプテンを作ってくれました。

つまり2チームあった訳ですが、通常のWチーム上演以上に、チームカラーに違いが出て面白かったですね。全然違うチームになった。マネージャー役の高宗歩未と冨永さくらさんなんてまるで違うアプローチだったし、その差を生かした演出にもしたかな。

「ホームセンターズピリオド」は盟友鈴木智晴氏の演出。直接演出してる現場を見た訳ではありませんが、ストーリーラインに丁寧で、キャストのポテンシャルを活かす演出だったのではないかと想像しました。脚本家としてとても満足です。この物語って初演した当時よりも月日を重ねて、再演を重ねて、より良くなってる気がする。作品が勝手に育っているというか。この物語のラストで、同級生で自殺願望のあった小学校教師が、実は煉炭を使って体育館で子供達を殺そうとしていたという事実がわかるのです。そしてその動機が、生徒達が先生をいじめていたということも明らかになります。文字で書くと相当えぐいですよね。でもこの告白の台詞も、初演の時よりもはるかに今日的というか、響くセリフになっていて、そういう部分もこの物語は育っているのかも知れませんね。

今年は短編づいてるんだよなあ。松本プロデュースに始まり、CUBEも、そして次の「モーニングコール屋」も。
毎年30日の夜に、今年一年の俺作品を俺が表彰する完全俺企画「俺アカデミー賞」というのをやっているのですが、今年は短編部門を作ろうかしら。

次回は10月
オハ劇「モーニングコール屋」
です。お楽しみに。

今年一年振り返り⑦「12人の私と路地裏のセナ」

今年一年を振り返っています。

8月10日〜16日
劇団6番シード第74回公演
「12人の私と路地裏のセナ」
中野テアトルBONBON

リベンジの夏第二弾!(リベンジの夏とは前回記事参照)

コロナはなんで夏に増えるんでしょう。3年連続だから絶対なんか科学的理由があると思うんだよな。という訳で、ええと、7波でしたっけ?また猛威をふるい始めていました。勘弁してよ。心が、心がもたないのよ。

と、リベンジ公演がまた中止になったらそれこそもう立ち直れないぞ、いろんな意味でな、とリベンジ第一弾も一緒にやった演出助手の増野君と話していた矢先、

私がコロナ陽性になってしまいました。

今回の稽古は、昨年通し稽古まで行った段階で中止となり、全キャスト続投ということもあって、2週間の集中稽古で本番に向かうスケジュールでした。その半分くらいを療養に当てなければならなくなりました。しかし、増野君が、そしてキャスト皆さんが頑張ってくれた!その間、昨年の通し動画を見ながら、増野君が現場を切り盛りして、とても順調に稽古が進みました。私が復帰した時は、昨年の通し稽古より先の位置にキャストがいて、さらなる高みを目指そうとしていました。

主演の樋口は昨年の骨折が治ってから、タップダンスの自主トレを重ねていました。ここで作品の話をすると、この物語は、12人の人格者を持った田島という男が、セナという女性と出会い、1日限りのタップダンスショーを開くという、ちょっとファンタジックなヒューマンドラマ。人格者が実在の人物だった、セナは本当は…などなど、複雑な多重構造になっていて、昨年の稽古は、それはもうじっくりとキャストさんと私で、キャスト同士で、考察を重ねたような作品です。リベンジワンの袴DEもそうでしたが、その昨年の時間というのが確実に力になっていて、しかもそれを一定期間寝かせておいた熟成感というか、それがさらに作品の深みとなっていくのです。中止やリベンジ公演はもちろん2度とやりたくありませんが、よかった点があるとすれば、確実にこの「長期熟成」をあげますね。

そうそう、この作品のメイキングは昨年から撮影しており、昨年の稽古の様子から中止となった日、そして今年私がリモートで顔合わせに参加した様子など、かなりのドキュメンタリーになるんじゃないかと思ってます。2月ごろ発売だったかな?お楽しみに。

脚本としては、今までにないアプローチと世界観の世界を、とにかくあまり計算せず、左脳よりは右脳で書いたような、そんな作品になりました。ネタ帳の最初のページは、思いついたままの小説調になっていて、その雰囲気をそのまま戯曲にしたいと思ったものです。なったかな。

演出としては、美術青木さんのアイデアの照明タワーが、絵作りの新しい扉を開いた!と感動しました。このタワーには一応ルールをつけて、人格者達の脳内会議(と呼んでいた)のシーンにだけつけました。つまり、合間に謎めいて入る人格者たちの実在のシーンには入れないようにルール付けしました。1シーンだけ例外で、走行する車の流れる街灯的な感じで使いました。照明タワーは今後もいろんな作品で活躍できるポテンシャルを持ってますね。

この作品も1年以上かけて無事幕を下ろしたのですが、不思議な手触りの、独特な位置づけの作品になりました。まるで絵本の中から生まれて、そして絵本の中に消えていったような。そんな物語です。

次回は9月
「バスケットボールダイアリーズ」「ホームセンターズピリオド」です。お楽しみに。

今年一年振り返り⑥「袴DE☆アンビシャス!」

今年一年を振り返っています。

7月13日〜18日
UDA☆MAP vol.11
「袴DE☆アンビシャス!」
池袋BIG TREE THEATER

リベンジの夏第一弾!
8月の12セナとこの作品は昨年公演中止となっており、2連続でリベンジ公演があるという今後も一生ないであろう(ないでほしい)ラインナップの夏を過ごしました。その第一弾。

昨年、2公演だけ上演してコロナで中止となった公演です。主催の宇田川美樹も、私も、キャストのみんなも期するものがあったと思います。全キャストが同じとはならなかったのですが、新しいキャストと共に、再び「スカッピー」に挑む日々が始まりました!

時は大正。貧乏な家の出の女学生カヲル(若林倫香)は、満月の夜に動き出した学校の銅像、杏美林ウメノ(宇田川美樹)と共に、伝説のスポーツ「スカッピー」でオリンピックを目指すが…。

といったあらすじで、まさに少年ジャンプのどスポ根もの。近年のUDA☆MAPは少年ジャンプ味が年々強くなってる気がする。という訳で劇中でその「スカッピー」というスポーツ競技をやるのです。演劇というよりスポーツ観戦というくらいガチでやりました。

スカッピーのルールを超簡単に説明すると、羽子板、薙刀、タンバリン、大きな団扇を使って紙風船を台の上にいるカナメというキーパー役に渡す。すると攻撃チャンスとなり「わっしょいわっしょい」と声が続いている間にセンターサークルで紙風船を割れば得点、というポートボールとカバディと格闘技を混ぜたようなスポーツです。

これ全部オリジナルでルールも全部私とキャスト達で作り上げたのですが(改めて考えてもすごいことですよね笑)、本当に面白い競技になっていて、サスケが陸上種目になるみたいなニュースもあったし、マジでオリンピック競技にならないかなと思っている。

これを舞台でガッツリ2試合(1公演でね)やる訳です。何が大変ってボールが紙風船なのでかなりの不確定要素がある状態で、本番の舞台上で試合をやる訳です。もちろん筋書きがあり(その段取りを覚えるのも大変なのですが)、結末は決まっているのですが、この不確定要素がかなりのライブ感とキャストの躍動感につながったと思っています。何度でも言いますが、

これは、マジで、キャストは、大変です。鬼です。
お前が書いたんや。

しかし昨年作り上げた部分も大きく、キャストはその流れをおさらいしつつ、さらにパワーアップした感がありました。もう普通にスカッピーのアスリートみたいになってた。一度、最初の試合のシーンで「みんなうますぎる」ってダメ出しをしたような気がする。ボールがえぐいくらいのテクニックで回るのよ。初めての試合って設定なのに。
それくらい、仕上がりまくりました。

だんだん各チームが本当のスポーツチームのチームワークみたいになっていくんですよね。攻撃手であるクルネ(小林亜実)やノゾミ(鶴田葵)が的確にポジションを指示したりね。前回骨折で別役になっていた稲葉麻由子も躍動しておりました。
最強敵チーム「チームデンジャラス」のリーダー、ツルギ役の松本稽古さんの無双っぷりは凄かったな。

さらに今回は吊り技(宙吊り)など演劇的演出も増やし、舞台監督さんの手は(人力であげていたので)大変なのことになりました。その舞台監督さんは千秋楽に粋な横断幕を垂らしてくれました。これは感動。ありがとうございました。


最終試合が終わる前の最後のダイジェスト演出がすごい好きなのよ。両チーム円陣で吼えてから、ここはダイジェスト演出なのでボールはある体でパフォーマンスするのですが、そのエネルギーたるや。
あと最後にツルギと生徒会長ユイ(堀有里)ががっきと握手するシーン。はい、沢山の感想に合ったように、そうです、スラダンのアレです。 

こんなにすごい熱量の舞台はなかなかないし、簡単にはやれないんじゃないかな。2年越しとなりましたが、無事終わることが出来ました。わかんないですが、4年に1度オリンピックイヤーに再演するっていうのも面白いかも知れないですね。そうやって競技人口をコツコツ増やしていこう笑。

次回は8月、
「12人の私と路地裏のセナ」
リベンジの夏第二弾です。

今年一年振り返り⑤「また逢おうあの空の下で」

今年一年を振り返っています。

7月4日、5日
Re:piod PROJECT「また逢おうあの空の下で」
浅草花劇場

栗生みな、遠藤瑠香による二人芝居。第一部1時間の芝居、第二部は歌のライブという構成の公演で、第一部の脚本・演出を担当しました。

栗生みなは元劇団員で、遠藤さんもかなり初期のアリスインデッドリースクールでご一緒してからだから、結構歴史ある女優さん。その二人と久々に芝居が作れたのは楽しかったですね。
ある日、栗生から(正確にはマネージャーさんから)「ナナステシリーズのスピンオフ作品を書き下ろして演出してほしい」と連絡がありました。栗生とは映画ディープロジック以来くらいで、最近は配信ですごい活躍してるんだなくらいで疎遠になっていました。後に本人から聞いたのですが「ヒューマンドラマなら松本さん」と直々にラブコールしてくれたようです。シンプルに久しぶりだなあというのと、依頼の内容が面白かったのと、今年は新しい出会いと過去にお世話になった人に恩返しを大事にしたいと年初の目標に書いたので、二つ返事で引き受けました。

とはいえ、ナナステシリーズ知らない、というところから始まりまして、シリーズの世界観に、栗生が言っていた「ヒューマンドラマ」を足していくことになります。
ざっくり知らない方向けに説明しますと、栗生演じる「りいの」という役がナナステシリーズにずっと出ているキャラで、ざっくり言えば「不老不死」のキャラクターで、いろんな時代に出会ったざっくり言えば妹の子孫的な女の子と、世界を歌で救えないかと葛藤する世界観ですざっくり。

本来はS Fベースのナナステなんですが、今回選ばれた世界が「昭和」で「ヒューマンドラマ」なので、私は「激動の時代を生きた二人の女性の物語」に全振りしました。
昭和33年、東京タワー完成の年から始まり、高度成長期、バブル期を経て、1999年に終わる昭和オムニバスストーリー。写真のビジュアルの髪型が古い感じなのはそのためです。栗生演じるりいのは不老不死、つまり歳を取らない設定で、遠藤さん演じる明日歌は普通の人、つまり歳を取る設定なので、これどちらも演じるの激ムズのやつです。遠藤さんは確か、16歳で始まって58歳で終わるんじゃなかったかな。そしてラストシーンは明日歌が死んで終わるので、S Fゼロどころか、鬼すごヒューマンドラマとなりました。でも、二人の人生をきっちり描けたかなと思います。

浅草花やしきの中にある劇場で、人生初花やしきに入りました。いわゆる乗り打ちという入った日に幕が開くスケジュールで、スタッフさんは凄かったな。いつそんな照明作ったの?って感じで幕が開きました。2階席3階席もあって面白い劇場でした。

昔、東大の安田講堂で芝居をやったことがあるんですが、こういう普段やらない場所、やらない形の公演は刺激的でいいですね。

やべ、ペース上げないとあと5作あった!次回は、

UDA☆MAP「袴DE☆アンビシャス!」です。

今年一年振り返り④「CUBE〜6C春の大感謝祭&新劇団員お披露目公演〜」B公演

今年一年を振り返っています。「CUBE」の後編。

B公演
「浪人街の左利き」
脚本家トークショーなんかでも話したのですが、この作品が新作では一番苦労しました。実にわかりやすいベタな時代劇なんですが、やっぱりベタこそ難しいを痛感。

浪人街でくすぶる三人の浪人は、賞金首の女の子と出会い、やがてその女の子を救う為、武家屋敷に乗り込むが…。

といったあらすじ。オオダイラ演じる主人公の左平次は左利きで普段から刀を右に差している(通常は左)という変わり者。樋口演じる権三、小沢演じる煮右衛門、そして七海とろろ演じる下女の傘奈の4人のぐずぐず底辺の人間たちが世直しを行うという、まさに痛快時代劇って感じ。最近時代劇なんて大河くらいしか見ないですね。僕が子供の頃に見ていた水戸黄門とか銭形平次とか、そういうテイストは入っていたような気もします。

当初は会話劇というか、チャンバラは想定してなかったのですが、やはり左利きの剣士の魅力は刀を抜いてなんぼだろうとなって、急遽、四面四角之助役(この名前いいよね)の名倉君に殺陣指導をお願いして、左利きならではの刀捌きを作ってもらいました。感謝。

オオダイラの魅力ってちょっと変わっていて(と僕は思っていて)、華があるようでない、ないようである、存在感がないようである、あるようでない、って印象なんだよなあ。伝わるかなあ。絶妙にイケメンのようでイケメンじゃないし笑。いやイケメンか。とにかくいろいろ絶妙で独特なんだよな。キャッチコピーをつけるとしたら「クセ強透明人間」とかどう?

そのオオダイラの新劇団員お披露目公演の主演と考えた時に、すぐにふっと、樋口と小沢と3人でつるんでる絵のイメージが出て、ネタ帳にメモしてあった「左利きの鮭」という謎タイトルを使って時代劇に発展しました。隠し砦の三悪人のリスペクトもあったかな。そんなこんなもあって、オオダイラには「とにかくど真ん中(主演)の演技を意識しろ」と演出しました。彼の魅力は引き出せたんじゃないかな。

傘奈役の七海とろろさんが良かったですね。樋口あたりが言ってたと思うが彼女の陽キャラは鉄板です。あの料理歌なんだよ笑。

「ジャガーノート」
細川博司脚本。バンタムクラスステージの細川さんの短編を、以前コラボした時に「同時会話」という演出で「シカゴ新喜劇」にしたのが自分でも衝撃で、短編集やるならまたやりたいと思っていた演目。藤堂瞬、石田太一、高宗歩未、平野隆士の4人芝居。

最初に本を読んだ時にスタイリッシュなのに登場人物たちが滑稽で、でも普通にやるとスタイリッシュ勝ちして、どうやったら僕の感じた滑稽さが出せるのかなと考えた時に、

「ずっと口論」

という同時会話演出を思いついたのでした。これは演じるのは激ムズいのと、凄まじいチームワークというか阿吽の呼吸が必要になる演出です。太一君は唸りながら果敢にチャレンジしてくれてましたね。同時に入れていくセリフはもちろんアドリブなのですが、ある時高宗が、高宗は娼婦でボスの女という役なのですが、

「この○○カ○野郎!」

とさすがに舞台でもピーが入るような言葉で罵って、太一君をノックアウトするという稽古もありました。

稽古もジャズセッションのように、メインの楽譜(台本)はあるんだけど、残りのアレンジは全てキャスト同士のセッションで作っていきました。なので本番でも毎回違う空気感と観客の反応になる演目でしたね。

「巨匠と三毛猫パスタ」
新作書き下ろし。可愛らしい三毛猫と、プライドの高い料理界の巨匠が二人。この設定だけでもう漫画。これをできるだけ漫画漫画するのが目標でした。なんで三毛猫と会話できるのとか、あの実況の人何、とかを気にせず楽しんでもらいたいライトコメディです。

夢麻呂さんがA公演の「アンダーライン」では超薄リアリティ演技だったので、こちらではそれはもう伸び伸びと演じておりました。小沢さんと夢麻呂さんってこれまでも何度か共演してると思いますが、こんなにどシンプルに絡んだのは初めてなんじゃないかな。最初と最後のシンプルダンスをつけてくれたのも夢麻呂さんだったと思います。史上最速で振り入れが終わったって笑ってました。

ストーリーとしては、三毛猫を巡って店の権利書をかけたフレンチの巨匠とイタリアンの巨匠が、料理対決するというもの。つまりストーリーとしては勝つか負けるか引き分けとかそれ以外かというスポーツものの構造と同じシンプルなもの。第一試合どっちを勝ちにするか(他の選択肢もありました。没収試合とか)はとても迷いました。

「シークレットナンバー1643」
新作書き下ろし。劇団員だけの演目と最初から決めていて、新劇団員2人の入った劇団の色はどんな感じになるのか楽しみだった演目でもあります。結果、拍子抜けってくらいオオダイラと高宗が馴染んでいて、もちろんそれはそれでとても良いのですが、あれ、前からずっとこのメンバーだっけ?って思うくらいでした。いや、ほんと。
この脚本の構造は変わっていて(観客には変わってるかどうかなんてどうでもいいくらいおバカな話ですが)、割と高速で物語が展開して行きます。35分くらいの話で、15分の段階で全員デスゲームに参加し、そして全員デスられたところまで進んでいます。その後、それもデスゲームのシナリオのうちだったと推理し、必死で脱出し、それもシナリオだったと分かり、実はそこにゲームの命題の「ハッピーになれる」要素が隠れてて、そんでもって主催者は宇田川演じる近所のおばさんだったというオチ。小気味良
い短編になったかなと思います。劇団座付き作家としての反省は、キャラがどこかで見たような感じになってしまったことかなと。長く劇団をやっていく課題でもありますが、どっかで見たキャラの幅を超えていくのは俳優だけでなく脚本演出としても意識していかなくてはいけないですね。

というわけで、全7作品、盛りだくさんの公演になったかなと思います。

公演のキャッチフレーズ「さあ、演劇を楽しもう」
そこまで強い意識を持ってつけた訳ではないのですが、時勢と相まってキャストスタッフ、そしてお客様にも響いた言葉になったのかなと思います。

次回は、7月

Re:piod PROJECT「また逢おうあの空の下で」

です。お楽しみに。