今年一年振り返り⑤アリスインデッドリースクールノクターン

9月

アリスインプロジェクト

「アリスインデッドリースクール ノクターン」

新宿村LIVE

この作品は三度目の演出となりました。アリスインプログレスという冠で映画とアニメと連動するという企画。大変なんだと思いますが面白い企画ですよね。映画のほうは脚本を担当いたしました。だからなんか変な感じがありました。山岸監督はかなり(印象は)舞台版と変えたいと言っていて、それ面白いですねと映画の脚本を書き、その後舞台版の演出をするという。でも、映画撮影を終えたキャスト達はすでにたくましくて、舞台顔合わせの日に、これはすごいことになりそうだ、と自信を持ったものです。なんかタフな感じだった。戦士達が集まったみたいな。

その印象もあってか、かなり戦いのドラマが強くなったかなと思っています。戦いっていうのは外へもそうですが中でも己にも。そのドラマをバシバシ積み上げていったら、もう三度目だから新しいことなんてできないかななんて思ってたのが嘘のようで、どんどん新しい試みや演出をやることが出来ました。一番はやっぱりツイッターの感想で「夢のような地獄」と形容された中塚さん演じる会長が焼却炉に飛び込むシーンですかね。あそこは美しくも儚くも醜くも演出次第でいろんな印象に変わるシーンかなと思います。

そこで私は思いついてしまった。稽古場で中塚さんお休みの日に、相方の静香役の持田さんに、「一緒に絵をイメージしよう、舞台袖に焼却炉があったとして、そこに飛び込んでいく。小さな窓から会長が苦しんでる姿が見えるかも知れない、悲鳴を上げてるかもしれないね」

我ながら言っててしんどいシーンだなと、静香のその後のシーンの心情につながればと思って話していたのですが、

そこで、待てよ、と。「悲鳴?アリかも」

いや、これはきつすぎる演出だ、ガールズ演劇をいよいよ飛び越えていくのか?と、本当に迷いました。演出助手の宇田川さんにも相談したと思います。でも迷った時は行け、倒れるなら前のめり、の精神で入れました。演じてる中塚さんも、それを見届ける持田さんも、しんどかっただろうなあ。

それに代表されるように、栗生さん演じる高森のパニック&追い込みは前回比30パーセント増(笑)。八坂さん演じた氷鏡は八坂さんの怪演にしびれて「行くとこまでマッドサイエンティストになりましょう!氷鏡の為に追加シーンを作ります(柏村にガチで撃たれそうになりユウに助けられる)」とまで言いました。栗野さん演じた舞を生き残らせる設定にしたりと、いやあたくさん演出追加できました。

でもそれは、主人公であるユウとノブ、若林さんと船岡さんのコンビがものすごくよかったからなんです。この物語のテーマのひとつに「笑いと死」があります。この相反するベクトルがこの物語の一番の面白さといってもいい。その笑い部分、言葉を変えれば生(せい)の部分が強く、たくましく、物語の真ん中を貫いたので、私はどんどん死や絶望といった部分を足していったのかも知れません。それくらいこの二人はよかったなあ。

あと実力者が揃ったので、オープニングアクトをほぼ生歌でやるというチャレンジもしました。これは評判よくてよかった。これ、なかなか次もとはいかないんですよねえ。大音量でリードボーカルなしで歌うのはなかなかのチャレンジ。しかも現場で声が聞こえないとなったらすぐに対応できなかったりもします。なので、リードボーカルありとなし、あってもボリューム小さめ、など、音響さんが細かく調整、準備してくれて実現しました。そしてそれにこたえるキャスト陣。あのオープニングの歌声はお客様の心にズシンときたんじゃないかなと思っています。

三度目の演出でしたが今までで一番アグレッシブにやれて、とても楽しい公演でした。映画版はベニシマの「世界の終わりかよ」とか「喜劇だよ」とか、気に入ってる台詞を役者達がワイワイ流行語みたいにしてて面白かったな。

デッドリーは今後もいろいろまだ続いていくんだろうなあ。またどんな形でも関われたら面白いですね。

そうそう、キリコ役の大塚さんのあのキャラとアドリブのツッコミ、好きだったなあ。

今年一年振り返り④新宿アタッカーズ2

今年一年を振り返っています。

8月
UDA☆MAP
「新宿アタッカーズseason2~熱海殺人事件!?~」
シアターKASSAI

毎年夏の風物詩UDA☆MAPですね。初演で大好評だった江戸の新宿の盗賊三姉妹を描いた新宿アタッカーズの続編、というかまさシーズン2ですね。今回は代替わりして三姉妹に石井陽菜さん、三浦菜々子さんに。これは楽しかった。石井さんは前回のヅカヅカでもっと壊れた役やってもらいたいと思い、三浦さんは1月のまなつで光るものを私も宇田川も感じたのから。あと物語のキーとなるお風役を演じた清水凜さんもよかったなあ。若い子達がしなやかに伸びていく、これもウダマップの面白さのひとつかも。

脚本は予想通り大苦戦して大変でした。やっぱミステリーは難しい。今回は2時間の長編だったのでなおさら。謎は途中でちょっと解けないといけないし深まらないといけないし、そればっかやってたらシーンはつまんないし。で、後半宇田川演じる亜破がバイトしながら実は謎解きのヒントを得ていたという流れは気に入っています。バイトするというのは宇田川さんのアイデアでした。

物語のふたつの要、旅芸人雫の椎名亜音と、踊り子で真犯人の八甫役の松本稽古さん。脚本的にも演出的にもこだわったふたりですね。物語は中盤雫にミスリードしていくのですが、とにかく観客は今どう思っているだろうかということを稽古場ではずっと考えたり感じ取ろうとしていました。そして八甫が真犯人とバレないような細心の注意!(笑)
振付も担当してもらった稽古さんが中盤アクトでお風にみんなで手を差し伸べる時、「このアマ…」みたいな顔がだんだんきつくなってきて(笑)、「バレます、だだ洩れしてます今」ってダメ出ししたり。

謎解きと八甫と一針の過去とお風と雫が親子だったというくだりを一気に見せるのは本当に難しかったし、うまくいったんじゃないかなあと思ってる。薬指の伏線はとてもお気に入りです。

宇田川さんともシーズン3やろうねって話をしています。近い将来またあいつらと会えるんじゃないかな。あ、そうそう、その時は絶対出しますね。耳かきの寂遜。
鶴田さん演じたあの殺し屋?はもー漫画みたいで大好き。あいついたら何でも出来るんですよね。自白もできるし、洗脳や後催眠、いろんな誘導もできる。だから敵役にしたんですけどね。

宇田川さんの一番のお気に入りの台詞は「服を着ている!」だそうです(笑)

今年一年振り返り③ペーパーカンパニーゴーストカンパニー

今年一年を振り返っています。

6月
OILAGE OSAKA &TOKYO
「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」
東京公演…シアターKASSAI
大阪公演…芸術創造館

東西の役者がコラボするこの企画ユニット、第三回となりました。大阪から早川丈二さん始め、大阪の人気劇団スタージャックスより浜口望海さんなどそうそうたるメンバーが。企画の性質上稽古期間は短く(大阪から東京に滞在して稽古する為)その稽古場は毎日ひりひりしてました。
キャストさんで振り返っていこうかな。

ヒロインの春子を演じた兵頭祐香さん。男前だったな~。なんだろう、太陽のような明るいオーラを持ってるんだけどいつもファイターだったなっていうイメージ。幾多の戦地をくぐってきた感があった(笑)千秋楽の翌日に京都でロングランをやっている「ギア」を観に行ったのですが、これが本当に素晴らしいステージで、千秋楽翌日に出演してるってのもそうだけど、このギアの立ち上げからずっとロングランをやり続けている強さとか、そういうのが兵頭さんのファイター感だったのかな。

浜口望海さん。すげえしっかりしてる人だと思ってたらみんなから「ポンコツやで」と教えてもらい、実際稽古したら全然ポンコツじゃないじゃんって思ったんだけど、本番直前あたりからポンコツ臭がし始め(笑)本番では何回かやらかしました。お茶目で誠実で素敵な大人でした。

緒方晋さん。最初に聞いたキャッチフレーズは「関西の野良犬」まじか、見た目超怖そうだし、とか思ってたら最初に稽古場で会った時に「野良犬じゃありませんから安心してください」と低姿勢(笑)
なんだろうこの人、味わいの塊みたいな演技はとても素敵なんですが、とにかく質問の虫でした。休憩中の喫煙所でずっと芝居の質問攻め、野良犬のアウトローな印象とは真逆の人でした。でも私生活というか芝居を離れるとまあグズグズですね(笑)あの丈二さんがまともに見えたよ。

東京からは椎名、宇田川、宮島小百合さんなどが参戦。椎名が6番シードで初舞台を踏んだのがこの作品で、今の芸名の由来となった田村亜音を宮島さんが演じておりました。若い宮島さんにはこの強烈な役者さんたちが刺激になったんじゃないかなあ。もちろん演技のとかいい意味ですよ(笑)
とにかくすさまじいスピードで進むこの演目は私の台本でも1,2を争う難易度と体力。4月のガムテでも大変だった椎名はここでも汗まみれとなっておりました。椎名の演じた楓という役は狂言回しのようでありながら実はボケ役。ツッコミが得意な椎名に「この役はツッコミのようでボケだね」と話した記憶があります。
宇田川さんがこの締めポジションに入ると本当に強い。早川さんとのWボランチ?は屈強すぎてこれがオイルの醍醐味だぜ、って興奮しましたね。絶対失点しない強さが彼女にはある。点取り屋でクラッシャーのようなイメージですけど違うんですよ。

そして主人公の陵を演じた福地教光さん。この陵という役はぜひ福地君にと思い、福地合わせで日程決めたくらい(笑)平凡で、でも影があって、不器用で、でも純真で、陵が春子の死因を語るシーンなど本当よかったなあ。
ラストの別れのシーン。これがこの作品が長くたくさんの方に愛されている理由だと思いますが、あそこの表情は陵も春子もよかったなあと思います。福地の涙に涙するわし。

オイルエイジはなかなか頻繫にやれない企画ではありますが、途切れさせることなく今後も続けていけたらと強く思った公演でした。次回はまだ未定ですが、楽しみにお待ちください。

あと飯島松之助君は好き(振り返り雑)