俺アカデミー賞2018ツイートまとめ

今年の俺作品を俺が表彰する完全企画「俺アカデミー賞」ツイキャス視聴ありがとうございました!この後テキストで表彰結果をツイートしまーす。
#俺アカ

#俺アカ
各賞は以下のとおり。
・俺観た作品賞
・技術賞
・脚本賞
・俺の新人賞
・助演男優賞
・助演女優賞
・主演男優賞
・主演女優賞
・演出賞
・作品賞

#俺アカ ①
「俺観た作品賞」
・蛇の亜種
・あの子の宿題
・ピエロ魂
・クロッシングクリスマスクリアランス
最優秀俺観た賞は
クロッシングクリスマスクリアランス
です。おめでとうございます!

#俺アカ ②
技術賞各賞
美術「TRUSH!」青木拓也
照明「沼田☆フォーエバー」榊原大輔
音響「傭兵ども!砂漠を走れ」兼坂香弥
舞台「TRUSH!」川畑信介
制作「劇作家と〜」制作チーム
ビジュアル「TRUSH!」ビジュアルT
振付「ゼロヨンヨンの終電車」松本稽古

#俺アカ ③
脚本賞
絶対に俺が受賞するこの賞

・ゼロヨンヨンの終電車
・TRUSH!
・沼田☆フォーエバー
・最果ての星
・劇作家と小説家とシナリオライター

最優秀脚本賞は、
劇作家と小説家とシナリオライター
です。おめでとう俺!

#俺アカ ④
助演男優賞
エントリー
土屋兼久、小島小鳥、鵜飼主水、小沢和之、古本新乃輔、佐藤修幸、石部雄一

最優秀賞は3名
土屋兼久(TRUSH)
鵜飼主水(傭兵ども)
古本新乃輔(劇シナ)
です。おめでとうございます!

#俺アカ ⑤
最激戦区、助演女優賞
エントリー
宇田川美樹、梅田悠、さいとう雅子、松木わかは、八坂沙織、高宗歩未、青柳伽奈、椎名亜音、宮森セーラ、舞川みやこ、エリザベスマリー

最優秀賞は3名
宇田川美樹(劇シナ)
さいとう雅子(沼田フォーエバー)
八坂沙織(最果ての星)

#俺アカ ⑥
主演男優賞
毎年倍率が低いこの枠。今年はこの3名。

菅野英樹(ある日僕らは夢の中で出会う)
藤堂瞬(TRUSH!傭兵ども砂漠を走れ)
土屋兼久(傭兵ども、劇作家と小説家とシナリオライター)

最優秀主演男優は、
土屋兼久(劇シナ)

#俺アカ ⑦
今年の主演女優賞は激戦!
高橋明日香(ゼロヨンヨン)
清水凜(最後の1フィート)
栞菜(沼田)
酒井萌衣(最果て)
椎名亜音(傭兵ども)

最優秀主演女優賞は、
椎名亜音(傭兵ども)

#俺アカ ⑧
演出賞
ゼロヨンヨン
ある僕
最後の1フィート
TRUSH!
沼田フォーエバー
最果ての星
傭兵ども
天気と戦う女
劇作家と小説家とシナリオライター

最優秀演出賞は、
劇作家と小説家とシナリオライター
です。おめでとう俺!

#俺アカ ⑨ラスト
作品賞
ゼロヨンヨン
ある僕
最後の1フィート
TRUSH!
沼田フォーエバー
最果ての星
傭兵ども
天気と戦う女
劇作家と小説家とシナリオライター

最優秀作品賞は、

劇作家と小説家とシナリオライター

です。おめでとう #劇シナ 関係者の皆様!観劇してくれた皆様!そして俺!

今年一年振り返り⑩「劇作家と小説家とシナリオライター」後編

「劇作家と小説家とシナリオライター」続き。

キャストは全部で39名。これだけのキャストが揃ってくれたのも、25周年の財産かなとシンプルに思います。ほぼキャストが決まってきたあたりで、オーディションもやろうと思い立ちました。これまでもオーディションから新しい出会いがあり、今回で言えば阿部、菅野、渡辺といった人達と今回こうやって再び芝居を作るきっかけもオーディションだった訳です。これはやって良かったですね。こうやってベテラン、常連から、新人、6C初めての方というバランスの良い座組になったと思います。しかも3チームって!ABCみたいな交互公演ではなく、今回のようにAを11ステージ、そしてB、Cという公演形態は劇団員の(わりと総意の)アイデアでした。きっとひとつひとつの座組、チームを大事にしたかったんだと思います。そしてそれはお客様の評価もよく、たくさんの良き化学変化を生みました。初日まで3週間空いたCチームは最初申し訳ないなと思いましたが、すごい熟成、発展がありましたね。

トリプルキャストだけど、全然違うという感想をたくさん頂きましたが、演出ではそこまで意識しませんでした。稽古始まってすぐに、「あ、これ全部違うものになる」とすぐ感じたからです。ことさら他チームとの差を出すのをむしろ嫌ったかも知れません。Bチームのアドリブ追加もギリギリ笑。唯一ロングランのラストスパートとして、Cチームの冒頭ラーメン屋のくだりだけ脚本変更しました。

チームの違いといえば、図師君、エリザベスマリー、高橋明日香が演じたゼロ、マイナス、プラスですよね。
あの、今だから言いますけど、これ、ノリで決めたんです。

キャスト配役発表に、ひとつだけ違う名前のキャラいたら面白いなって。本当にただの勘というか、劇中のシナリオライターの台詞「劇作家さんのいつものやり方です」ですね。てへ。
そしたらお客様が盛り上がってくれて「これ3つともエンディングが違うんじゃないか」とかってツイートを見て「はわわわ、どうしよう」と思いました。てへ。結果キャラクター演出に反映したものになりましたが、自分的にはちょうど良かったかなと思っています。マルチエンディングにはならなくてごめんちょ。

1ヶ月ロングランは、思ったより早かったですね。結果毎日劇場にいましたし、33ステージほぼ見ました。2ステージくらい楽屋で仕事してました笑。ケ長としてケータリングを毎日作ったのはさすがに飽きてきましたけどね。皮を剥くのと米を研ぐのがもう笑。キャストも手伝ってくれましたね。ロングランが誰も風邪引かず、疲労で芝居が崩れることもなく行けた一助にはなったかなと思います。まずはそれをやらせてくれる劇場に感謝ですね。

ロングランと言えば毎日、誘導や前説に他チームの応援が来てくれたのは本当にありがたいですね。不思議なもので、自分のステージは終わっても(始まってなくても)やっぱ自分の公演感はずっとあるみたいですね。特に石田太一君、阿部君、わたさきに感謝ですね。大千秋楽の前説で阿部君が高らかに「最後までごゆっくりお楽しみください!」ってキメた時ちょっと泣いたのはここだけの話。

とにかく素晴らしい公演になりました。そして来年からもっともっと面白い物語を作りたいとワクワクしました。

関わってくれたすべての方に感謝を。
そして今年一年、25周年ありがとうございました。
良いお年を!

FFAFD7DA-CDD3-47EE-A7C1-69683D9FF2E6

D22A117A-4A9C-49BF-80C2-23723A6EBE15

今年一年振り返り⑩「劇作家と小説家とシナリオライター」前編

さあいよいよ振り返りラスト!

今年一年振り返り⑩
劇団6番シード結成25周年記念公演第3弾
「劇作家と小説家とシナリオライター」

先日閉幕した1ヶ月ロングラン公演。25周年の締めくくりにかなりの大博打公演でしたが、劇団過去最高動員記録を更新し、大盛況で終えることが出来ました。良い年末です。

この作品は何から語ろうかなー。脚本は最初からチャレンジな作品になるだろうなという予感はありました。タイトルを思いついて(あ、タイトルの評判はすごく良かったですね。タイトルが気になり観に来たという方が多数いましたね)、3人の作家がひとつの物語を作る、それだけじゃつまらないだろうと。あととにかくヒューマンドラマにしたかったんですよね。冒頭で登場人物達が銃を構え「あ、なしです」みたいなことをずっとやっていけばかなりのコメディにすることも出来たと思うのですが、25周年とか、私のこれまでの集大成みたいな意気込みがそうさせたのかなあ。

だから、横軸の作家達のドラマが、縦軸とまったく繋がらない状態でストーリーが進んでいくんですよね。それがチャレンジな部分でもあり、難しいと言われた部分でもあると思います。

他にもいろいろあるとは思いますが、この「難解さ」というのは普段ほとんどやらないので、わかりやすい作家の私のチャレンジはちょうどいい塩梅になったのかなと、感想を読みながら思いました。私はハッピーエンドが好きだし、わかりやすく物語を届けるのを身上としていますが、わかりやすくて難しい、はアリだなと思った次第です。

あと作家達の物語なので、とにかく私小説的にならないようにとは思ってました。松本自己満作品にならないようにと言えばわかりやすいですね。
その心配は杞憂でしたね。まず、ザッツ俺になりそうな劇作家役を土屋にしたこと。そして男中心の劇団、同輩と旗揚げした劇団、熱い物語を書いている、など僕じゃない肉付けをしたら、ホントこの人熱くてかっけーなーみたいに客観視して書けましたね。いろんなところで書いたり言ったりしましたが、土屋はザッツ役者ってやつなので、そういう奴が作家役をある意味研究して役作りしたというのも良かったのではないかと思います。

むしろ私は椎名演じたシナリオライターのほうが近いかなあ。情感型より理詰め型というほうが近いです。そのシナリオライターが宇田川演じるドラマプロデューサーに言われる「時間、なかったのかな。書き直しましょうか」は本当に過去私がドラマプロデューサーさんから言われた台詞です。笑顔でね、優しい口調でね、自分の才能のなさに死にたくなりましたよ笑。本番では慣れましたけど、稽古場でその台詞を聞くたびに胸がキューってなりました。

その直後の「リサーチで終わりたくない、セカンドで終わりたくない、ママがこの物語を作ったって胸張りたい」という台詞も実際にリサーチからシナリオライターになった方のエピソードを使わせて頂きました。だからシナリオライターの台詞にはけっこう実話的な想いがこもってますね。

逆に私は小説を書いたことがほとんどないので、小沢さん演じた小説家のキャラ造形は苦労しましたね。あとまさに活字の世界なので舞台表現としてやりずらい、もありました。
まずはアルバイトしているという設定。小説家に限らずですが、一度ヒットしたから一生食えるというような世界ではありません。まずはそのリアリティを乗っけました。ただキーアイテムとかと同意語になるのですが、キー台詞、みたいなのが欲しいなと思いました。そこで出たのが「きれいな言葉を使いませんか」という台詞。最初はちょっとベタすぎかなあと思ったものです。小説家イコール言葉、って!みたいな。ただお客様の感想でこの台詞に関してのものがすごく多かったですね。炎上とか、SNS時代の言葉の汚なさ、みたいな時代性がアナログな小説家の雰囲気と相まって響いたのかなあと思います。小沢さんにはけっこう細かく演出した記憶が。「ただ上を向いてうなるのは実は作家っぽくないですよ」とか。この作家役の3人には作家あるあるとか、たくさん言いましたね笑。稽古場で実際演じてみせたらまんま普段のお前やんってなって、この時間何?みたいになりました。

宇田川さん演じたドラマプロデューサーもこだわったキャラクターです。皆さんのイメージでドラマプロデューサーって視聴率とかお金とか六本木で飲んでる、みたいなイメージありません?最後のは余計か笑。僕が一緒に仕事したプロデューサーさんは本当に物語ファーストで、それぞれに独自の研究し尽くしたロジックや信念がある方ばかりでした。ジャニーズの誰それを使うからとか、スポンサーがどうとか、そういった台詞は一度も聞いたことがありません。そして物語に関してめちゃくちゃ厳しくてめちゃくちゃ粘ります。もう勘弁してくらい粘ります。それをあのキャラクターに投影してみました。宇田川さんにも「ただ怖いだけのステレオタイプのPにしないで」と演出しました。いいバランスで演じてくれたなと思います。

藤堂演じた編集者も同様ですね。一度漫画の編集者さんと仕事したのですが、その方もDP同様に物語に関してすごい造詣と意思を持ってる方でしたね。

ええと、一番身近なはずの舞台監督のキャラクターは…

あんな人いません笑

全国舞台監督協会に訴えられるレベルに嘘です笑
まさにコメディリリーフというやつ。しかしピンポイントにリリーフしてくれた樋口や、宇田川藤堂の会話など、劇団員がしっかりとキャラクターやシーン意図をやりきってくれたと思います。

うわー長くなった!後編に続く。