水曜コラム④最速!舞台「KAIRO」公演振り返り

舞台「KAIRO」終演しました!今その打ち上げに向かう電車で書いています。公演の振り返りは毎年年末にやってるのですが、電車が大塚に着くまでの時間で、書けるだけ書いてみよう笑。

僕は脚本と演出をやることの方が多いですが、今回は演出のみ。脚本は、盟友(と勝手に呼ばせて頂く)の細川博司さんでした。細川さんの本を演出するのも久しぶり。

演出だけやる時の僕は、おそらく最初は雑にホンを読みます笑。ざっくり読んだり、役者の声を聞いたりしながらチャンネルを合わせる?探る?ようなところがある。このホンのど真ん中はなんだろうなと考える。

僕はこのセリフだったのではないかと思うんですね。
芥「リンデンバウムのような神様(コンピューターが意思を持つこと)は、そう珍しいことではないのですよ」
乾「それを信じる方が時代遅れだ」

すみません、台詞は正確ではないです。これがこの超未来と謳った物語の、脚本が示したその先の面白さなんじゃないかと思いました。その先というのは、こういう人工知能ものの新しい提示の仕方、といった作り手、書き手側の意味もありますし、人工知能が暴走したら怖いねっていう現代起こりえそうな話のその先といいますか。だから超未来と言ってますが、近い未来の物語のようでもありますよね。近未来。そういう感想も頂きました。
ひとつ、現代性とのリンクをどれくらいにしようかと悩んだセリフがありまして。

椿「このままいけばみんなネットに繋がれて管理されてたって訳だよ」

クライマックス前、リンデンバウムの真相を語ると言ったシーンです。物語中では「電脳ネット」という言葉が沢山使われていて、ここも「電脳ネット」にした方がいいか、椿役の瀬戸さんと色々悩んだものです。ネットだと現代感が強いんですよね。でも脚本はここだけ「電脳ネット」ではなく「ネット」になってる。どれくらい現代とリンクするか、肌触りを感じさせるかの重要な部分ですが、結果電脳はつけずに上記のセリフのままで行きました。

肌触りというのは役者の演技全般に求めたものでもあります。こういう設定の物語はどうしても設定勝ちになりがち。「未来の世界は分かったけど、で?」みたいな感想をもらいがち笑。
わかりやすく言えば人間ドラマです。強い設定や特殊なあれこれに負けちゃうんですよね。今回は音響や照明を結構強め派手めに行きたいと思ってたので、より一層役者の演技や感情がくすまないように、これは繊細に演出したかな。演出したというよりは役者さんと一緒に作り上げたと言っていいでしょう。
最初に僕は台本を雑に読むと書きましたが、役者さんはそうは行きません。難しい単語や難しいカタカナ用語も、理解しないと言葉として発することが出来ませんし(できますけど、浅くなりますし)、砂漠都市「KAIRO」という場所はどんなところでどんなものを食べて、といった想像、もはや創造、そして時間軸が行き来するストーリーの理解など、今回は稽古場でここはじっくりと焦らず時間をかけました。僕は割とせっかち系の演出家かなと思ってるのですが、今回は、待った。一緒に考えた。一度それで稽古場がカオスになりましたが笑、演出家も正解は知らないよというメッセージの元、キャストが皆掘り下げ、作り上げてくれたものが、そう言った人間ドラマに繋がったのではないかと思っています。ウロボロスの意味を千秋楽前日に細川さんに聞いちゃった笑。そこは調べろよ。

演出としてはダイナミックにしていった感じかなあ。そんなにエンタメ作品にしようと思って始めてないのですが、出来上がってみたら結構なエンタメになったなあと思っています。
まずは美術と照明でしょうね。超立体舞台とあのLED照明ですね。照明さんが「舞台美術が強いのでシンプルな照明で行きましょう」と言っていたのが印象的。
地味に演出カラーを決定づけたのは「広く使う」だったかも知れません。細川さんの映画のような脚本は演出用語で言う「エリア芝居」が向いているし、それがより映画っぽさを出したりもします。
今回もそんな感じかなあと思ってたのですが、世界を広げたり、役者がダイナミックに動いた方が感情が出る出る理論(諸説あります)で、あの立体舞台を使ってどのシーンも大きく広げて演出したように思います。
あと音楽はノーラン節(クリストファーノーラン)だったかなあと。解放戦線の東がリンデンバウムに乗っ取られそうになるそれぞれのシークエンス(上記椿の語りもここ)を壮大な一曲でガンガン行ったのは大変気にいっている演出だし、あんまりやったことない形でした。

おっと電車が大塚に着きそうです。まあまあ書けたな。
ご来場心より感謝です。

色々無事に終わってよかったよかった。こういう奇跡は何度あってもいい。それは奇跡とは呼ばないね。人の力です。

水曜コラム③「短文慣れ」

長文を書くのも読むのも億劫になってる。

先日妻と雑談している時に「子供の頃、400字の原稿用紙を埋めるの大変だったねえ」といった話をした。作文とかで、行数を稼ぐ為にカギカッコの改行をたくさんやったよね、とか、真ん中の壁(用紙の真ん中にデザインされている柱みたいなレイアウトが、200字書いた先に壁のように立ちはだかる)といった話で盛り上がった。

今400字と言えば、ツイッター3ツイートぶん。楽勝だ。思えば今の子供に限らず大人も、たくさんの文字を書いている時代でしょうな。ちなみに、公演パンフレットのコメントは約1000字くらい。舞台台本は4万字前後である。

4万字はなかなかにすごいけど「長文」を書いているという感覚はない。ブログ書く人があんまりいなくなったように、ツイッターに代表される短文文化、LINEとかもそうか、は加速してると思う。さらに文章より画像、画像より動画、といった簡単さはあるよね。かくゆう僕も長文を読まなくなったし、先日小説を電車で読もうと思ったけど、集中力が続かない自分に驚いた。

短文慣れしちゃってる!!

このコラムを駄文でいいから頑張って更新していこうというのも、そういう短文慣れが良くないなという思いもあった。とにかく無駄にでも1000字以上は書こうということかな。どういうアレかはわかんないけど時代に逆行したいという気持ちもあった。どういうアレだろ笑。このサイトの対談などもとにかく「長い読み物にしよう」から始まったような気がする。短文が流星群の如く流れ続ける中で、じっくり時間かけて立ち止まれるコンテンツとでも言うんでしょうかね。比喩を使って訴えるほど強い想いではないですけど笑。

だから小説読んで愕然としたんですよ。読む体力が落ちてる。いつかこのコラムで「鑑賞体力」みたいな括りで、映画なんかの上映時間が短くなってる話をしようと思いますが、それは確実にあって、世界を変えようなんて思わないけど、自分は少なからず「長文に戻ろう」という気になったのでした。

ということで、ということでもないけど、小説を書いています。一昨年くらいから決意しては断念を繰り返し、昨年ついに自分の舞台作品の小説化を始めました。これがまさに子供の頃の原稿用紙の如く、

進まないんですわ。

一日どれくらいかな、行って1200字、原稿用紙3枚分くらい、本当に小説家尊敬。昔は手書きだったんだしね。コツコツと、本当にコツコツと文字数を増やしています。今年中に一作書き上げる!を年初の目標にしたのですが、早くも怪しくなってきた。
小説で言う「地の文」が難しいんですよ。脚本で言う「ト書き」舞台脚本ではほとんど出てこないト書き。だからでしょうね。書き慣れてない笑。自分のボキャ貧も感じるし、でも書かないと分からなかったからやはり日々挑戦と勉強でしょうな。

だから長文を書く、読む、を復刻させるのは少しは意味があるのかもしれないです。ちなみにこの文章が1235字。原稿用紙3枚分です。 

水曜コラム②映像演技、舞台演技とは?

映像の演技とは?

絶賛上映中の映画「ディープロジック」(金曜までだよ観てね!)の感想で、演劇っぽい演技というのがあった。よく映像演技とか、舞台演技とか言うけどどういうことなんだろうと改めて考えてみる。

ディープロジックに話を戻せば、出演者は劇団6番シードメンバー含めて、ほぼ全員普段は舞台を中心に活動しているいわゆる「舞台役者」または「小劇場役者」と呼ばれる人達である。だから私も最初は「濃いめの演技にならないほうがいいんだろうな」という思いで撮影を見守ったものである(ちなみにディープロジックの演出は山岸監督ですもちろん。私は全くというほど演出には関わっていません)。分割撮影、上映していた頃は、出来上がったものを観ても濃ゆいなあとか、舞台っぽいなあとかは全く思わなかったんだけど、今回2時間の映画となり、映画館で上映されたのを見ると、

確かに舞台っぽい。という感覚は少しあった。

とはいえ「映像は薄めの演技」「舞台は濃いめの演技」と括られるのは私は嫌いだし、事実ではないと思います。映画でもテレビドラマでも濃ゆい演技は花盛りだし(半沢直樹とか)、まあ時代劇ですがこないだ見た映画「キングダム」の主人公はめっちゃ濃い演技でしたね(僕は好きでした)。是枝監督の作品のように、監督や作品のカラーとして薄め、素っぽい演技演出があるとは思うけど、イコールそれが「映像の演技」とは思わない。

舞台の演出でもそうなんです。舞台は空間が広い、生声なので大きな声をまず出す、と思われそうですが、案外に張らない、いわゆる映像っぽい芝居をしていることはあります。そういうカラーの演出家さんもいます。声を張らない時に私はよく「映像っぽくやって」とわかりやすく伝えますが、その時の声は本当に小さい声、小さい芝居です。舞台演出手法としては、小さなつぶやきで逆に観客に「聞きに行かせる」というのがありますね。
それくらいのボリュームでもキャパ200くらいまでなら通用します。300超えるともうひと工夫必要にはなるのですが。
舞台で言うとボリュームよりも「通す意識」なんですね。だから自然大きくなるようなところはありますが。

そんな話を監督にしたら、確かにディープロジックに出ている舞台俳優さんは映像の俳優さんと違うところがあったし、それを踏まえて演出したとのことでした。面白かった話は「サービス精神がすごい」「画面のどこにいてもとにかくたくさん演じてくれる」「つまり演技の情報量が多い」みたいな意のことを監督がおっしゃっていて、なるほどそこか、と思いました。

舞台では舞台上にいる間、ずっと見られていますから、とにかくずっと集中力も切らせないし、セリフがなくても「聞く」という演技をしっかりやっています(実はこれ難しいのですが)。その習慣がついた人たちが当たり前のようにカメラの前で喋り、聞くだけで「情報量が多く」なるのかと。そうやってみたら確かに藤堂とかも濃いなあと思えてくるし、かなり抑えた演技をしてるなあと思っていたツチヤ警部の土屋も、もっと情報減らせたかも、とは思いましたね。あと舞台っぽいの代名詞の役は椎名とガラさんでしょうな。勿論監督も狙って演出していますが、新聞紙ひっくり返す女優あんまりいないと思う笑。

もうひとつ。舞台は観客の目線誘導も役者の仕事と言っていいです。観客は広い舞台を好きなように見ていいわけですが、聴かせたいセリフ、見せたい表情など、良い役者(や演出家)はそれをさりげなく誘導してるのです。古くは歌舞伎の見栄切りはカメラのズーム効果だし、「声」か「動き」でひきつけたり、パスを出したりします。さっきの「聞きに行かせる」もそのひとつですね。ところが映像はそれはカメラの仕事です。ほぼ100パーと言っていいんじゃないかな。違うかな。映像演技にも少しは目線誘導はあるのかな(勉強中)。カメラが動いたり、寄ったり、編集で割ったり、して役者の演技を切り取る。だから理論で言えば映像演技に観客の目線誘導の意識はなくていい。だけど舞台俳優はそれが染みついているので、その誘導する意識(例えば惹きつけようとか、話者の後ろの絵をもう少し埋めようとか)が結果「濃い」「情報量が多い」感想につながったのかもしれませんね。
あとその空間全体の空気を作るのも舞台俳優の意識にはあります。その空気作りの意識は監督も大いに感心していたと記憶してますし、それは良い方向に行ったと思います。

そんな訳で映像演技と舞台演技、確実に違いはありますが、濃い薄いで話すことではないんだろうなあと思います。
でも俳優って大変だね。映画、ドラマ、舞台、とアウトプットが違う畑があって、さらに演出家の嗜好、思考の違いで演技の幅を作っていき、最後は自分のカラーを出していく。

仕事量は結局多いのですな。

最近の松本

【松本 演出 舞台】

UDA☆MAP NEXT Vol.1
KAIRO -カイロ-

2020年2⽉5⽇(⽔)〜12⽇(⽔)全12ステージ
⼤塚・萬劇場

遥かな未来。「最後の⼤戦」によって地球環境の⼤部分は砂漠化し、⽣き残った⼈類は世界の各地に「オアシ ス」と呼ばれる都市を作り、徹底的な管理体制の元で⽣活を営んでいた。
あるとき、⼤規模オアシス「カイロ」で殺⼈事件が発⽣する。
「⼈類⽂化存続管理⼤寺院」から派遣された特使・芥ミネルヴァは、事件の解決に乗り出すが事件の真相は思わぬ⽅向へと発展し、オアシス・ネットワークの秘密に迫っていく。
超未来ハードボイルド・サスペンス。

詳細はこちら

http://bewoodlive.com/kairo/index.html

水曜コラム①「世界観ってなんだろう」

世界観ってなんだろう。

最近よくワークショップや現場でも使うんですよね「世界観」って言葉。改めて考えてみるとまあ曖昧な言葉よ。なんとなく伝わるし。文字通り「世界の雰囲気」とでもいうのか、その「世界」っていうのがまた広い言葉ですよね。物語において世界観とは、やはりその世界の大元となるもの、みたいなイメージで使いますね。「近未来の世界観だから」とか「この世界観では時事ネタギャグはスベるな」とかね。でも「この作家の世界観は」といった使い方もしますね。でも「この俳優の世界観は」とはあんまり言わないな。とどのつまりは世界観は、

広めの何か?

でも作家は広くて俳優は狭いっておかしいよね。先に書いておきますが、このコラムにオチや結論はありません。

考え方や大きなルール、イメージみたいなことを共有するための言葉。世界観。

僕はワークショップで、
世界観→人物→台詞
という三層が物語にあるよ、と言っています。そして俳優はその層を何度も行き来しながら作品や人物を理解しなさいよと。

でもそれを理解する過程で、理解しようとする人の「世界観」が入ってくるんだよね。これが面白くもあるところです。それは俳優の世界観(価値観と言い換えると分かりやすいな)であり、小説であれば読者の、演劇で言えば観客の世界観が混ざり込んで物語は完成すると言ってもいい。となると大元の世界観とは、

ベースとなるもの。

といったことでいいのかな。近未来の世界はこうだ!という決められたルールのようなものを世界観と呼んでしまったら、演出も俳優も観客も息苦しくなるのかな。広がれ、世界、みたいなこと?

と言った訳で今細川博司さん脚本の「KAIRO」という作品を稽古しています。細川さんのホンは世界観が凄いから、ほら、こういう便利な使い方をしちゃうのですよ、ちょっと世界観について書いてみました。

でも細川さんのホンは「世界観」という言葉が良く似合う。あと世界観は細部に宿るとは細川さんの言葉だっただろうか。上に書いた三層の話も、たった一行の台詞を理解したら人物や世界が分かり、逆に世界がわかったら一行の台詞の本当の意味がわかる、みたいな使い方をします。日本という国はどんな国ですかと聞かれて「醤油の香り」みたいな答えが出ると面白いよね。小さなディティールの積み重ねが世界を作るのもまた真理です。じゃあ演出する時に「世界観がさあ」というのは違う気がしてくるね笑。あんまり便利に使わないようにしようかな、世界観。

水曜コラムは毎週予定ですが不定期更新です。