今年一年振り返り②「MIX UP!!」「唯一度だけ」

今年一年を振り返っています。

4月
6バンjackNG「MIX UP!!」

先に結果を書いておきますと、公演中止となった公演です。
6番シード×バンタムクラスステージ×Bobjack Theater×ENG
4団体合同のコラボ公演。一年くらい前からコツコツと準備してきました。確か3月23日が顔合わせ。1週間くらい稽古して、3月31日に公演中止を決断。4月1日に解散式をして、7日に緊急事態宣言が発出されました。やけに具体的に日付覚えてるなあ。

ええと10作品だったかな。脚本は私、細川さん、ボブジャの守山さん、麻草さん。演出は、私、扇田さん、細川さん、福地君の4人でした。演出助手さんがパズルのように組んだスケジュールを元にいよいよ稽古がスタート。スケジュールの都合で、作品によって完成度合いがまちまちで、私脚本演出の「アンダーライン〜図書館司書探偵の事件簿〜」私脚本細川さん演出の「天気と戦わない男」あたりはもう明日から通し稽古、といったところで中止となりました。キャストさんの参加日数もまちまちで、劇団員で言うと、藤堂や土屋あたりはかなり稽古が進んでて、宇田川さんや小沢さんはいよいよ初稽古、の翌日に中止の発表、とかだったと思います。

私の作品群でいうと
「アンダーライン〜図書館司書探偵の事件簿〜」はまさしく通し稽古を予定していた日に中止の発表がありました。この作品は未来切符という公演の短編の続編的な物語で、けっこう自信があったので、マジで悔しかった。別れ際に「また同じメンツでやりたいね」と藤堂が言っていたように記憶していますし、多分他の作品の人たちも皆そういう思いだったんじゃないかな。それくらいベストキャスティングでした。前島流瀬役の水崎綾さん、保育士の美郷役(漢字合ってるかな)の栞菜さん、あと園長役の信國さんもすごいいい味出してた。

あ〜こうやって書いていくと懐かしくもあり、切なくもなってくるな。やはり公演中止、作品が世に出なかったというのは、つらいんだなあ。なんか泣きそう。泣かないよ。
この公演は希望を込めてのぶさんが「無期限延期」としました。なかなかすぐにまたこの規模のコラボ公演はできない現状ですし、まずは自分の団体で精一杯の日々でしょう。そして無理だとわかっていても、上に書いたように同じメンツを集めてやりたいねという思いもありますね〜。でもこの図書館司書も「天気と戦わない男」も同じ形でなくなっても必ず世に出したいと思っています。

すごく個人的に気になっていた私脚本の再演「バスケットボールダイアリーズ」確か稽古は1回だけで終わってしまい幻のチームとなりましたが、その稽古がめっちゃ面白かったんだよなあ。宇田川キャプテンに梅田エース、たみしょうの副キャプテン、演出は扇田さん、稽古初日で勝ちが見えましたね、みたいな話をのぶさんとしたような気がする。

そしてこの年末に守山さん脚本、私演出の予定だった「唯一度だけ」がボブジャ公演で無事上演されました!!粋な計らいというか扇田さんがわざわざ私に演出を依頼してくださり、この公演の演目では最初に日の目を浴びた作品になるのかな?

この時は稽古は1回だけで、まだ台本が数ページしかなく笑(リアルにボブオムニバスのあのシーンのようでした笑)あすぴー梅ちゃんなどが面白くコラボして、続きを待ちましょう、と稽古を終えた記憶があります。12月の演出でも使った鳩時計のネタはこの時生まれました。稽古に余裕があったので笑。

12月の上演では、出演者は変わりましたが、守山さんらしい、女性4人のセンチメンタルな物語になったのではないかと思います。
ということで12月の「唯一度だけ」を振り返っておこう。

12月
ボブ宴「唯一度だけ」演出

稽古は非常に順調でした。ボブジャのみんなは他作品の仕上がりの遅さと比べて戦々恐々してたな。それくらい順調でした。
池澤さんの壁は28歳という年齢でしたが、あまりそこに囚われず彼女の感性を大事にしてほしいなと思いそう伝えました。ああいう28歳いるし。
一村さんは初めてでしたが、彼女も感度と勘がいいですね。でもお行儀よくなりすぎないなんかアニマル感もあって好きです。どこかでがっつりやってみたいなと思った女優さんでした。
長橋さんは今回が一旦ラストだったんですね。この二湖という役が実は一番難しいねと稽古場で話していて、どこにでもいそうな柔らかい人物を作り上げてくれましたね。
この3人と作品の流れの塩梅を作るのが椎名くんの仕事で、まさにきっちりいい仕事をしてくれました。
クセモノばかりのボブジャに爽やかな風が吹いたんじゃないかな笑。

あ〜また絶対やりたいな短編公演やコラボ公演。眠った作品たちよ、それまで待っててね。

次回は緊急事態宣言下に完全リモートで作った
6Cオンライン「SIX-DOORS」です。今日はここまで。

今年一年振り返り①「KAIRO」

やっべ、もう28日だ!
毎年年末に、備忘録も兼ねて今年一年の作品を振り返るコラムをやってますが、やっべ、間に合うかしら汗。

今年はまあコロナな一年でしたね。来年もまだ続きそうなので、なんとなくまだコロナについては総括できない感じですね。そんな中、おかげさまでこれだけ沢山の作品をやることが出来ました。奇跡。感謝。

2月
UDA☆MAP NEXT「KAIRO」演出
4月
6バンjackNG「MIX UP!!」公演中止
5月
6Cオンライン「SIX-DOORS」脚本・演出・編集
6月
6番シード「ミキシングレディオ2020」脚本・演出
8月
UDA☆MAP Plus「ホテルニューパンプシャー206」
9月
マルガリータ企画「ホームセンターズピリオド」短編脚本提供
UDA☆MAP10周年記念公演「新宿アタッカーズseason3〜孤島の洋館殺人事件〜」脚本・演出
11月
6番シード「ザ・ボイスアクター〜アニメーション&オンライン〜」脚本・演出
12月
Bobjack Theater ボブ宴「唯一度だけ」短編演出

その他
6Cイベント「六番寄席」
映画「ディープロジック」全国上映
6Cイベント「24時間TV」

おお、なかなかの本数ですな。公演中止になった公演、オンラインでやった作品、緊急事態宣言明けに必死の思いでやった公演、いやあ大変な一年だったなあ。これはもう、本当に。

さあて、ガシガシ振り返ろう。
まず一発目は、

2月
UDA☆MAP NEXT「KAIRO」
大塚萬劇場

演出を担当しました。宇田川さんプロデュースのUDA☆MAPの新しい形というふれこみで、脚本は細川博司さんのゴリゴリのSFものでした。

遠い未来の管理された砂漠都市に、起きるはずのない殺人事件が発生。事件解決に派遣されたのは、教会と大寺院の特命の使者。
そうらもうゴリゴリだろう。宗教観も絡んできて、改めて細川さんの知識はすごいなあと思いました語彙力。栞菜さん、小林亜実さんのw主演を中心に全員女性という座組み。確かに新たな試み感がビンビンにありました。

演出は面白かったですね。絶対私は書かない作品。攻めた公演コンセプト。屈強な女優陣。と「演出」の仕事がここまで面白いものなのかと実感するくらい面白かった記憶しかない。

これまでやってきた本数は少ないのですがね、僕演出だけの仕事もわりと定評ある気がする。こないだ終えた「唯一度だけ」も地味?だけどいい仕事したなあって思ってるし笑。
確か扇田さんと24時間TVで話したのかな?演出って結構最初はざつ〜にホンを読むんです。その後しっかり落とし込んでいく。このざつ〜に読むが結構大事な気がしていて、それはきっと最初に観客が観た感覚に近いのかも知れない。
だからKAIROは、超難解な設定やセリフのオンパレードなんだけど、そこは一旦気にしないで笑、ざつ〜に読んだ感覚を大事にしました。単純にこのシーンワクワクする、とか、ここ長いなあ、とか。そうすると演出にメリハリが出て、シンプルに見やすくなっていくんですよね。僕の演出はわかりやすいという評価を頂けてるとしたらこの部分かなと思います。そして今作は、わかりやすさをけっこうブレンドすることでちょうどいいだろうなとこれも最初にざつ〜に読んだ時に直感しました。細川テイストを生かした難解気味な演出も考えたのですが、わりとすぐやめました笑。

その後キャストと一緒に細部を練っていく作業に入ります。これはかなり根気よくやりました。栞菜さんなんかはかなり細かいところまでこだわって作り上げていってましたね。自分の脚本作品でもありますが、わかんない部分は「わかんない」って言ってキャストに知恵を借りることがあります。これがまた面白い作業でもある。今回は毎日それでした。休憩時間にキャスト同士がずっと話し合ってた気がする笑。

僕がざつ〜に読んで面白いなと思っていた序盤の流れに、実が時系列に齟齬があることがわかり、細川さんも巻き込んでえっちらこっちら直したりもしました。整合性は必要ですが、ざつ〜に面白いと思った感覚は変えたくない。それで何度も作っては壊し、みたいなことをやりましたね。

演出として気に入ってるのは、やっぱりあの光の演出でしょうな。「全灯」と呼んでいた舞台美術の蛍光管(LED)が一斉点灯するシーンは何度見ても楽しかった。

作品の象徴ともいうべき長女ザインを演じた那海さんがよかったなあ。狂気と品格、人間味と無知覚な感じ、の対比といいますか。DVDは彼女のラストの笑顔を生かした編集にしてみました。

コロナはというと、この頃「どうやらやばいのが来てるぞ」とちょうど始まった頃、警戒が強まってきた頃でした。まだ即座に公演中止というほどではなく、面会の時キャストがマスクをして出ます、というアナウンスが出ていたくらいの時期でした。この公演を終えたあたりから一気に社会は大変なことになっていったように覚えています。

ちなみに稽古序盤に私は数年ぶり2度目のインフルエンザにかかりました笑。熱が下がっても1週間稽古お休み頂いて(多分今ならリモートで演出とかしてたかも)シーンごとのアクティングエリア、立ち位置や移動などをミザンスを図に書いてそれを宇田川さんに預け、絵作りを進めてもらいました。

この作品は続編化の構想もあるみたいですね。細川さん曰く、続編は小林さん演じた「乾ディーヴァ」が主人公の物語らしい。実現したら面白そうだなあ。楽しみに待ちたいと思います。

次回振り返りは、公演中止となった
4月 6バンjackNG「MIX UP!!」です。

最近の松本

【松本 脚本演出 舞台】

劇団6番シード第71回公演
「ザ・ボイスアクター2020~アニメーション&オンライン~」

2020年11月19日(木)〜11月29日(日)
シアターKASSAI(池袋)

人気アニメ「流浪の民ナガレイン」のアフレコスタジオにやってきた中堅俳優。そのアニメから企画されたオンラインゲーム「ポチョミンの大冒険」のアフレコスタジオにやってきたベテラン声優。アフレコスタジオで起こる奇想天外なバトルを描いたノンストップコメディ!

詳細はこちら
http://www.6banceed.com/voice2020.html

最近の松本

【松本 脚本演出 舞台】

UDA☆MAP 10周年記念公演
「新宿☆アタッカーズseason3」

2020/09/30 (水) ~ 2020/10/04 (日)
シアターグリーン BIG TREE THEATER

今度のUDA☆MAPは「新宿☆アタッカーズseason3」
天下泰平の江戸中期、宿場町「新宿」。珈琲茶屋を営んでいる胡散臭い探偵三姉妹。「亜破(あわ)」「琵輪(びわ)」「夢或(むあ)」。盗人稼業で小銭を稼いだ三姉妹は、新しい珈琲豆の品評会の為に大金をはたいて小笠原諸島までやってきた。そこで出会った一人の少女に誘われるがままやってきたのは山奥の洋館だった・・・。殺人事件と7人の容疑者そして、洋館に隠された甘い罠・・・。
三姉妹が見た結末は、淡く儚いものだった・・・。

詳細はこちら
https://stage.corich.jp/stage/108640

最近の松本

【松本 脚本演出 舞台】

UDA☆MAP +PLUS Vol.2
「ホテルニューパンプシャー206」

2020年8月12日(水)〜17日(月)
キーノートシアター

出会うはずのないホテルの一室に集った3人の女。
裏社会で生きる女社長、イタすぎる女、売れ残ったホテトル嬢。
隣の部屋から聞こえてきた銃声をきっかけに彼女達のパンクでファンキーな夜が始まった。

詳細はこちら
https://stage.corich.jp/stage/107686